スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教員紹介

吉岡 豊写真

医療技術学部/言語聴覚学科

吉岡 豊
Yutaka Yoshioka
准教授

プロフィール

担当科目音響学、聴覚心理学、言語発達学、聴覚障害Ⅰ演習、聴覚障害Ⅲ、聴覚障害Ⅲ演習
専門分野言語発達障害、機能性構音障害、聴覚機能検査、補聴器
学位・称号/取得機関/取得年教育学修士/東北大学大学院/1985年、博士(教育学)/新潟大学大学院/2015年
資格言語聴覚士
最終出身校新潟大学大学院現代社会文化研究科
過去の経歴国立療養所宮城病院 勤務
川﨑医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科勤務(川﨑医科大学附属病院言語聴覚士併任)
所属団体・学会等日本音声言語医学会、発達障害支援システム学会、日本聴覚医学会、日本言語聴覚士協会、日本特殊教育学会、
日本口蓋裂学会、日本高次脳機能障害学会、日本神経心理学会、日本コミュニケーション障害学会、日本音響学会

業績等

研究領域言語発達障害児の語彙特性に関する研究、自閉症スペクトラム児の言語特徴に関する研究、機能性構音障害児の訓練経過に関する研究
研究紹介個人的には音声言語の獲得に関心がありますが、人とのやりとりが苦手な子どもの場合は音声言語だけに注目するだけでは不十分だとも感じています。研究のスタイルとしては本学に設置されている言語発達支援センターに来る子どもたちに訓練を行いながら、より実践的な研究活動を行っています。
受賞歴平成26年度 新潟医療福祉学会奨励賞
研究論文定型発達児と言語発達障害児における初語の調査.新潟医療福祉学会誌,13(2),15-19,2014.
言語発達障害児の語彙力について.発達障害支援システム学研究,13(1),13-19,2015.
言語発達障害児の呼称課題における誤答分析.新潟医療福祉学会誌,15(1),42,2015.
アフリカ南部マラウィ共和国における補聴器の宗擁立向上に向けた取り組み.第31回日本国際保健医療学会,88,2016.
社会的活動平成28年度 新潟医療福祉大学市民講座 講師

このページの先頭へ戻る