スマートフォンサイトを見る

健康スポーツ学科

教員紹介

山﨑 史恵写真

健康科学部/健康スポーツ学科

山﨑 史恵
Fumie Yamazaki
教授

プロフィール

担当科目スポーツ心理学、スポーツカウンセリング、競技スポーツの心理学、スポーツ心理学実習、教育相談
専門分野スポーツ心理学、スポーツカウンセリング、メンタルトレーニング
学位・称号/取得機関/取得年博士(体育科学)/筑波大学/2003年
資格認定スポーツカウンセラー
最終出身校筑波大学大学院博士課程体育科学研究科体育科学専攻
過去の経歴国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部(非常勤カウンセラー)、筑波大学スポーツクリニックメンタル部門(非常勤カウンセラー)、茨城県非常勤特別職スクールカウンセラー(小・中・高)、(財)日本オリンピック委員会科学サポート部会員 、(財)日本陸上競技連盟科学委員会委員他を経て現職
所属団体・学会等日本スポーツ心理学会
日本体育学会
日本臨床心理身体運動学会
日本スポーツ精神医学会
日本保健医療福祉連携教育学会
新潟医療福祉学会

業績等

研究領域アスリートの心理サポート,アスリートの食行動と身体像の障害について
研究紹介アスリートの身体性に焦点を当て,アスリートのピークパフォーマンス発揮や彼らが直面するスランプや負傷,食事や体重管理の問題など,こころとからだが交わるさまなざまな心身の問題を心理学的アプローチによって研究しています。
著書山崎史恵(著)中込四郎・鈴木壯(編)スポーツカウンセリングの現場から アスリートがカウンセリングを受けるとき,第3章アスリートがカウンセラーの前で語ることの意味,第5章試合で実力発揮できないアスリート, 道和書院,2015,33‐50頁, 71-88頁.山崎史恵(著)宮下充正(監)山田ゆかり(編)女性アスリート・コーチングブック,第2章第1節ストレス,2004,大月書店,118-124. 山崎史恵(著)公益財団法人日本陸上競技連盟(編)陸上競技指導教本アンダー16-19 [初級編]基礎から身につく陸上競技,第2章第3節選手をやる気にさせる:理論編,大修館書店,2013,24-29頁.ほか
研究論文山崎史恵.(2014)アスリートに対するメンタルケア 地域スポーツとスポーツカウンセリング.臨床スポーツ医学31(10): 982-986. 山崎史恵(2014)アスリートがカウンセラーの前で語ることの意味,体育の科学64(1)11-15.山崎史恵(2012)思春期の心理的課題とスポーツ経験─思春期アスリートの自立をサポートする─,コーチングクリニック26(4),8-13.山崎史恵(2011)ボディイメージのフレームワーク,体育の科学61(5),山崎史恵(2007)体重調整の心理,体育の科学57(3)200-204.311-315. 山崎史恵・中込四郎(2000)スポーツ競技者の食行動問題─その独自の特徴と背景について─,臨床心理身体運動学研究 2(1) 7-25.山崎史恵・中込四郎(1998)スポーツ競技者における食行動パターンごとの身体像の特徴,体育学研究 43(3・4)150-163.ほか
社会的活動財団法人日本オリンピック委員会 科学サポート部会員(~2008年3月)
公益財団法人日本陸上競技連盟科学委員会委員(~2015年3月)

このページの先頭へ戻る