スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

在学生メッセージ

齋藤 大樹写真 1年生 齋藤 大樹 新潟県出身

父を見て医療専門職に憧れた
私は、幼い頃から臨床検査技師である父の姿を見て育ったため、医療専門職に憧れがありました。医療職の中で私が臨床検査技師になろうと決めたのは高校の時でした。様々な医療専門職がある中で臨床検査技師は、医師の診断に必要となる重要なデータを提供する、私のイメージでは縁の下の力持ち的な仕事であり、そのような命に関わる責任のある仕事に就きたいと思ったからです。私が今学んでいる臨床検査や臨床工学の分野をはじめとする医療専門職は、人の命に関する責任のある仕事の分、やりがいがとてもある仕事であり、それが魅力であると思います。

Q&A

Q本学科を選んだ理由についてはなんですか?

私がこの学科を進学先に選んだ一番の理由は、臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスを取得できるからです。高校生の時は、臨床検査技師のみを目指していました。そんな時に本学のパンフレットを見て、臨床検査技師に加え、臨床工学技士の資格まで取れることを知りました。どちらも同じ医療の資格のため、将来、それぞれの資格者の視点から医療に携わることができ、考えの幅を広げることができると思いました。講義では、臨床検査技師、臨床工学技士それぞれの資格を持つ先生の体験を交えて聞くことができるので、将来の現場での仕事に活かせると感じています。

Q履修した授業について教えてください!

「解剖学実習」
1年次の前期に解剖学があり、そこでヒトの体の構造を学びます。各臓器や神経系に関して、それぞれの相互関係を含めて学びます。それを活かして1年次後期に解剖学実習を行います。解剖学で身につけた知識を駆使して解剖を行うので、新鮮な体験ができます。また、顕微鏡を用いることもあり、体の大まかな所だけでなく、組織や細胞単位まで見ることができ、様々な分野において勉強になります。

Q本学でどのようなことを学び、どう活かしていきたいですか?

私は、本学科で様々な視点からの医療を学び、将来的には幅広い考えを持つ医療専門職になりたいと考えています。本学は、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学であり、関連する様々な学科があります。そのため、授業においても他学科と連携して問題解決を行ったりすることがあります。私は、そういった授業で自分の学科からの考えだけでなく他学科の学生の視点や考えを聞き、吸収して、自分の考えの幅を広げていきたいと考えています。そして、その考えを元に将来検査技師からの視点だけで考えるのでなく、いろいろな立場からの意見を持てる医療専門職として社会に貢献していこうと考えています。

Q部活動について教えてください!

「ソフトボール部」
私は、ソフトボール部に所属しています。練習では、主に試合形式の実践的な練習を楽しみながら行っています。野球やソフトボールといった球技の試合は、必ずチームでコミュニケーションをとらなければ勝てないため、部活動を通してコミュニケーションの能力を鍛えることができました。ソフトボール部は、医療専門職として必須であるコミュニケーション力を身につけられ、且つ、楽しむことができる最高の部活です。

Qオープンキャンパスの見るべきポイントはなんですか?

オープンキャンパスでは大学の雰囲気であったり、建物、先生方など、大学に入ってから初めて感じることのできる大切な要素を、高校生のうちに直で見ることができます。さらに、自分のなりたい職業や授業内容などを体験でき、大学では何を勉強すれば良いのかを先生方やオープンキャンパスの手伝いをしている先輩方から教えてもらうことができます。私も、入学の決め手はオープンキャンパスでした!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージを!

本学は、最高の環境がそろっていて、さらに本学科の2つの国家試験の合格率は全国トップクラスです。私も入学し、設備が整った実習室や分かりやすい授業を受けて、環境の良さを実感しました。そして、様々な医療や福祉の学科があり、それぞれと連携した授業を行うことができます。このような魅力がいっぱいの最高の大学で皆さんも学んでみませんか?

  MON TUE WED THU FRI
1限 検査技術実習 生理学      
2限   英語Ⅰ 生化学Ⅰ
3限 情報処理Ⅰ 食を楽しむ 基礎ゼミ 物理学の基礎Ⅰ  
4限 スポーツ・健康     医学概論 解剖学
5限 医用工学概論      

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る