スマートフォンサイトを見る

視機能科学科

卒業後の進路

大学病院・総合病院・眼科医院をはじめ、幅広いフィールドが就職先に

全国の視能訓練士養成校の多くが就職率100%を達成する中、本学においても日本海側唯一の視能訓練士養成大学として多くの求人が見込まれます。さらに、本学独自の高度な教育カリキュラムにより、病院等医療機関はもちろん視覚科学研究機関、保健所・健診センター、特別支援学校など幅広いフィールドでの活躍が期待できます。

幅広いフィールドでの活躍

  • 大学病院・総合病院・専門病院(眼科医院・診療所)などの医療機関
  • 視覚科学研究機関・教育機関
  • 保健所・健診センター
  • 発達支援センター
  • 盲学校などの特別支援学校
  • 視覚障害日常生活訓練施設 等
病院等医療機関で

視能訓練士は、主に眼科で勤務し、屈折検査や視野検査、電気生理学検査など、診断や治療に必要な眼科検査を行います。また、弱視や斜視の子どもの両眼視機能の検査、訓練も担当します。

特別支援学校で

視能訓練士は、見え方の評価を行い、必要な視覚補助具(拡大読書器や単眼鏡など)の指導や訓練などを行い、生徒の学習や自立を支援します。また、見え方に不安のあるお子様の教育相談にも応じます。

健診センターで

生活習慣病の発見、高齢に発症しやすい眼の病気の早期発見を目指し、視力検査、眼底撮影や眼圧検査を行います。また、3歳児健康診査での視力・屈折検査も行うなど、地域住民の眼の健康を守る役割を担います。

視覚障害日常生活訓練施設で

視覚に障害を持つ方の視機能を正確に評価し、補助具を使って見やすい環境を整えます。近年、ロービジョン(低視覚)者のケアを行う施設が増加しており、視能訓練士の需要が高まっています。

就職情報

●就職センター
学内に就職センターを配置し、学年進行に応じた就職指導プログラムのもと、きめ細かいサポートを行っています。求人斡旋では、本人が希望する地域・職種・施設種などを確認し、求人情報を取り寄せるなど、学生一人ひとりの夢の実現を支援しています。さらに、ゼミ担当教員による卒業研究・国家試験対策・就職活動を「三位一体」で指導する体制を構築するなど、全学を挙げた組織的な就職支援体制を構築しています。

●就職指導プログラム
1年次から始まる就職指導プログラムにより、早期からのキャリア形成を促します。就職セミナーでは、就職活動のあらゆるステップをサポートするため、企業の人事担当者や就職アドバイザーを講師に招き様々なセミナーを開催しています。さらに医療・福祉施設への就職を希望する学生を対象に、個別ガイダンス等を行う、本学独自の【医療福祉施設求人説明会】を開催するなど様々な就職指導プログラムを実施しています。

このページの先頭へ戻る