スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

カリキュラム

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の3つの国家資格取得と児童厚生一級指導員の養成に対応したカリキュラム

社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験に必要な科目を通じて、実践的に設定されて選択ができ、学生の関心や目標に合わせ専門性を深めます。また、少人数での演習やゼミを通し、知識を実際の問題解決に活用し、自己表現する力を高めます。

履修科目

1年次

社会福祉について幅広い視点で学びます。社会福祉各分野の知識、技術とその基盤を理解します。また、社会に生きる人間として必要な専門基礎科目を学びます。「QOLサポーター」として必要なチームワークの土台をつくります。

2年次

1年次に引き続いて、社会福祉の価値や倫理、知識、援助技術を一歩踏み込んで専門的に身につけます。また、高齢者施設、児童福祉施設、障害者福祉施設等の社会福祉の現場における学外実習を体験して、より実践的かつ具体的な知識・理解を深めます。

3年次

各自の問題意識や関心を大切にして、社会福祉専門ゼミ(Ⅰ・Ⅱ)を通して研究する態度を育成します。さらに相談援助についての演習科目で実践的で将来役に立つ支援技術を獲得します。また、社会福祉の現場の学外実習を体験して、社会福祉の対象者や仕事について理解と専門性を深めます。

4年次

少人数で行われる社会福祉専門ゼミ(Ⅲ・Ⅳ)では、個々の問題意識を研究課題として、事例研究やフィールドワーク等実践的・体験的に研究を行います。それらを卒業研究としてまとめ、将来、自分のフィールドで活躍するための問題解決能力を身に付けます。

科目紹介

保健医療ソーシャルワーク論

保健医療ソーシャルワーク論写真 病院や地域医療など保健・医療の場において、医療ソーシャルワーカー(生活者の視点から患者・家族を支援する社会福祉専門職)として活動するために必要な事柄を学びます。医療現場での実例を通じて具体的に考察しながら、医療の現状、患者・家族の抱える悩みや困難、医療ソーシャルワーカーの仕事などへの理解を深めます。

スクールソーシャルワーク論

スクールソーシャルワーク論写真 いじめや不登校など学校での問題は多く、その解決には児童・生徒の環境に働きかける支援が必要です。この科目は、都道府県や市町村の教育委員会などに配置されるスクールソーシャルワーカーに必要な知識・技術等を実践的に学びます。また、第一線で活躍するスクールソーシャルワーカーとの討論やケースカンファレンスも行います。

臨床心理学

臨床心理学写真 臨床心理学は、心の問題を抱えた人やその周囲の人を理解し、援助しようとする心理学の分野の一つです。この科目では、心理学的援助に触れながら、心の問題、発達・人格理論、心理アセスメント、心理療法の理論と技法について学びます。また対人援助者としての自己の特徴を理解し、対人援助の基礎を構築します。

国際福祉論

国際福祉論写真 北欧や東南アジアなど幾つかの国の社会福祉制度や、その背景となる考え方を学ぶことで国際的な視野を広げることを目指します。また、日本の社会福祉の現状と課題について、他国との比較検討も行います。授業は、各国の事情に詳しい専門家が担当し、講義後のディスカッションによって考えを深めます。

カウンセリング論

カウンセリング論写真 ソーシャルワーカーは、心の相談としてのカウンセリングにも精通している必要があります。この科目は、適切なカウンセリングを行うために必要となる基本的な態度や技法、面接法について学びます。そして来談者の訴えを「分かること」や深い悩みを「受け止めること」について理解し、実践できる力量を身につけます。

精神保健福祉援助実習

精神保健福祉援助実習写真 精神保健福祉士の資格取得を目指す学生が、精神科病院や社会復帰施設などで約1か月間の実習を行います。実習前には、精神保健福祉領域の基礎知識の整理や実習目標の決定、精神障害を抱えた方と関わる際の留意点を確認するなどの準備を行います。実習後は、印象に残った体験をお互いに報告・議論するなどの振り返りを行います。

児童家庭福祉論I・II

児童家庭福祉論I・II写真 現代社会では、子どもはどのようなストレスや問題を抱えているのか、多様な家族形態の中ではどのような児童家庭問題が起きているのかなど本質的なテーマについて学びます。さらに、児童福祉関連の政策や制度について理解を深め、子どもの成長を支える児童福祉のあるべき姿について考えます。

このページの先頭へ戻る