スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

ゼミ紹介

学生自らの「学び」の意欲を尊重し、それぞれ関心領域についてより専門的な理解を深め、卒業研究へとつなげていきます

渡邉ゼミ 地域保健福祉と住民参加活動に関する研究

渡邉敏文教授写真

渡邉 敏文
Toshifumi Watanabe
教授

地域に密着した研究活動

人は誰でも地域において健康で安心・安全に暮らしたいと思っています。そのためには、地域で解決していかなければならないことが多くあります。それらの理解のため、本ゼミでは、様々な地域での住民参加活動に関わることや福祉施設の利用者と交流すること、水俣病の患者様の支援などをとおして実践的な研究を進めていきます。これらの研究は、行政機関や社会福祉協議会などと連携して行っていくこともあります。研究を通じて、卒業後の進路に役立つ福祉専門職としての理論と実践を兼ね備えた力量を身につけることを目指しています。

教員詳細情報


中村 将寛写真

社会福祉学科4年
中村 将寛
新潟県
柏崎常盤高校出身

「地域福祉」を研究する

私は、地域に住む高齢者とサロン活動の関係に興味を持っており、「サロン活動と孤独死」をテーマにゼミ論文をまとめました。研究を進めていく中で、サロン活動は住民同士の交流の場として活用され、孤独死を解消するための一つの対策になることが分かりました。今後は、研究で深めた考察や知見を活かし、実際に地域において社会資源の調整や開発ができる福祉専門職になりたいと考えています。

<ゼミの研究内容例>
地域住民の安心な生活の実現に関する研究
地域の福祉政策に関する研究
水俣病と生活に関する研究 など

寺田ゼミ 多様な生き方を支える社会に関する研究

寺田貴美代准教授写真

寺田 貴美代
Kimiyo Terada
准教授

関心のあるテーマを追求する

本ゼミでは、将来さまざまな生活問題や社会問題に関わるソーシャルワーカーとして活躍するために、一人ひとりが関心を持った社会福祉のテーマを掘り下げ、研究成果としてまとめています。そのため、ゼミ生が取り組むテーマはとても幅広く、児童福祉や家族福祉、高齢者福祉、障がい者福祉、国際社会福祉など多岐に渡ります。また、ゼミの研究活動はゼミ生同士で楽しみながら協力し、発表や考察、意見交換などを行います。それにより、地域福祉に関する知識を共有し、仲間がいることを心強く思えるような雰囲気の中で社会福祉についての理解を深めることができます。

教員詳細情報


長谷川 倭人写真

社会福祉学科3年
長谷川 倭人
新潟県
新発田南高校出身

体験的に地域福祉活動を学ぶゼミ!

私は、子どもや高齢者、障がい者など、地域社会で暮らす人々のQOL向上のために必要なサポートのあり方について研究を進めています。本ゼミの最大の特徴は、仲間同士で協力することで、地域福祉活動において大切な「助け合い」や「住民参加」の視点を体験的に学べることです。ゼミでの学びを通して、地域住民が自分らしく、誇りや生きがいを持って生活を送れるよう支援できるソーシャルワーカーになりたいです。

<ゼミの研究内容例>
ひとり親家庭への生活支援に関する研究
外国人児童生徒の現状と課題に関する研究
児童虐待の予防対策に関する研究 など

野口ゼミ ノーマライゼーションと偏見に関する研究

野口晃講師写真

野口 晃
Akira Noguchi
講師

福祉専門職の本質を学ぶ

“ノーマライゼーション”と“偏見”は、福祉専門職を目指す者にとって極めて重要なキーワードです。本ゼミでは、これら“二つのキーワード”を主柱に据え、その歴史的背景や社会・経済情勢、国家・民族などについて幅広く研究します。そして、議論を通して「そもそも対人援助とは何か?どこから来てどこを目指すのか?」という福祉専門職の本質を学んでいきます。自分で考え自分の言葉で説明していく力や仲間を支援し、協働しながら物事を進めていく力、本質を見極めようとする姿勢など福祉専門職に必要な資質が育まれていくことを目指しています。

教員詳細情報


松村 泰志写真

社会福祉学科4年
松村 泰志
新潟県
新潟第一高校出身

「障がい者の差別と偏見」を理解する

「大人と子どもの障がい者に対する視点の違いは何か」「大人への成長過程においてなぜ偏見を持つようになるのか」「偏見や差別は日本人特有な“集団行動”が背景にあるのではないか」など、ゼミメンバーと議論を重ねながら研究を進めています。現在は、日本と他国との障がい者福祉の違いを調べながら研究を進めています。ゼミでの研究を通して、幅広い視点から物事を捉え、支援できる福祉専門職を目指しています。

<ゼミの研究内容例>
障害者差別解消法と今後の動向に関する研究
偏見の発生と集団との関係に関する研究
新潟県における障害者就労に関する研究 など

松山ゼミ 福祉施設サービスの質の向上に関する研究

松山茂樹教授写真

松山 茂樹
Shigeki Matsuyama
教授

福祉サービスの現状と課題を明らかにする

本ゼミでは、児童・障がい者・高齢者等の様々な社会福祉施設や福祉サービスの現状と課題を明らかにするための研究を行っています。特に、「福祉サービスの質」の向上を図ることを目指し、学生一人ひとりが設定したテーマに基づき、社会福祉施設・事業所等の意義・機能・役割等を踏まえた研究を進めています。また、研究した結果についてゼミ内で発表・討議を行い、研究内容のさらなる充実を図ります。学内での研究だけでなく、社会福祉施設の管理者・施設長へインタビューを行うなど、より実践的な活動を行うゼミです。

教員詳細情報


河野ゼミ 医療ソーシャルワークに関する研究

河野聖夫准教授写真

河野 聖夫
Seio Kouno
准教授

保健医療における社会福祉援助と連携を考える

本ゼミでは、保健・医療・福祉の様々な専門職の活動(チーム医療、多職種連携)を意識しながら、社会福祉専門職(医療ソーシャルワーカー)としての取り組みや現状などについて研究を行っています。ゼミ生それぞれが関心を持つテーマを基に、各自が基礎学習を行った上で、3年次には病院訪問などを実施して保健・医療・福祉の実践現場の方々のお話を伺います。4年次には、保健医療への理解を深めながら、自らの疑問に自ら答えを探す姿勢で、それぞれがテーマを持って考察や研究に取り組んでいきます。

教員詳細情報


原口ゼミ 精神障害の理解と支援環境に関する研究

原口 彩子講師写真

原口 彩子
Ayako Haraguchi
講師

楽しく自分らしく生きる

発達障害・うつ病・適応障害・統合失調症・認知症などの「精神疾患」は、がんや糖尿病など「身体の病気」と同じように誰もが抱える可能性があります。精神の病を持ちながらも、楽しく自分らしく生きるには、心地良い環境づくりを当事者と支援者が一緒に進めていくことが大切です。本ゼミでは、当事者の立場に立った創意あふれる援助方法を学生自らが率先して考えることができるよう、活発なグループワークを進めています。また、多くの支援者が研究してきた成果を参考にしながら、研究方法の基礎も学びます。

教員詳細情報


丸田ゼミ 社会保障制度と福祉政策に関する研究

丸田秋男教授写真

丸田 秋男
Akio Maruta
教授

現代社会が直面している福祉諸問題を解明する!

私たちの社会は、生活困窮、失業、若者の引きこもり、自殺、孤立死、子ども・障害者・高齢者の虐待、女性への暴力など多くの福祉問題を抱えています。本ゼミでは、このような福祉問題を解決するための政策や、21世紀において目指すべき社会保障のあり方等について議論し、自治体や社会福祉協議会等に実際に出向いて調査を行うフィールドワークを取り入れています。また、ゼミは学びの場だけでなく、人生の“友”や“師”と出会う大切な場であることから、2年間を通して豊かな人間的交流を深めています。

教員詳細情報


横山ゼミ 傷病者への生活支援に関する研究

横山豊治教授写真

横山 豊治
Toyoharu Yokoyama
教授

傷病者への理解と支援方法を学ぶ

傷病の種類や程度によっては、患者さんの家庭・職業生活や学校生活など様々な場面に影響が及び、医療面だけでなくソーシャルワークの視点からの支援が必要となる場合があります。本ゼミでは、3年次に生活への影響が大きい病気の特徴と生活問題、必要なソーシャルワークについて分担して調べます。その上で、医療ソーシャルワークの事例研究を行い、4年次に傷病の当事者らによって綴られた闘病記などの文献研究を行います。そして、「傷病者への理解と支援」という共通テーマでゼミ論文をまとめています。

教員詳細情報


青木ゼミ 地域福祉と福祉教育に関する研究

青木 茂准教授写真

青木 茂
Shigeru Aoki
准教授

地域福祉は福祉教育に始まり福祉教育に終わる

「地域福祉」とは、地域で起こる様々な福祉問題に対し、住民自らが主体的に参加して解決に結びつける活動をいいます。その主体性を育むためには、子どもの頃から福祉を学び、大人が地域で起こる福祉問題に関心を向け、地域を良くしようとする力を引き出す「福祉教育」の取り組みが重要です。今、福祉現場では、「地域福祉は福祉教育で始まり福祉教育で終わる」と言われています。この意味を的確に理解するため、本ゼミでは佐渡市でフィールドワークを行うなど実践的な活動をしています。

教員詳細情報


松本ゼミ 精神保健福祉領域に関する研究

松本京介講師写真

松本 京介
Kyosuke Matsumoto
講師

心理的支援の探求

本ゼミでは、精神保健福祉領域における諸問題を巡る心理的支援のあり方について探求し研究を行っています。特に、「こころの病」とされる現象を人間関係の中でも理解していくことを目指しています。各自が「こころの健康」を巡る課題や精神科臨床における現代的なテーマ(「パーソナリティ障害」・「発達障害」・「PTSD」・「解離」など)を問題として設定し、理解を深めていきます。ゼミの時間は、各自のレポート発表と全体での討議が中心となり、最終的に各自が論文を作成します。

教員詳細情報


※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る