スマートフォンサイトを見る

健康栄養学科

教育内容の特色・資格

学びの特色

あらゆるフィールドで活躍する管理栄養士を育成

イメージ図 「食」や「栄養」に関する高度な知識と技術をベースに、健康の保持増進、病気の予防や治療、介護、アスリートの支援など幅広い領域に対応した科目を配置しています。また、医療分野や福祉分野、スポーツ分野、行政分野での経験豊富な教師陣を配置し、あらゆるフィールドで活躍できる管理栄養士を育成します。


学生個々のニーズに対応する、多様な資格取得

イメージ図卒業時に【管理栄養士受験資格】および【栄養士】を取得することができます。さらに必要な科目を選択することで【栄養教諭一種免許】を取得することも可能です。また、【フードスペシャリスト】や【NR・サプリメントアドバイザー】など、様々な資格取得を目指すこともできます。


病院で活躍する管理栄養士の育成

イメージ図 解剖生理学や臨床医学など、将来、医療現場で活躍するために必要となる「医学系科目」を数多く配置しています。さらに、総合大学のメリットを活かし、看護やリハビリなどの医療系学科の学生と共に学ぶ科目を通じて「チーム医療」の一員として活躍するためのスキルを磨くことができます。


多様なフィールドで活躍する教員。

イメージ図 管理栄養士はもちろん、医師や栄養サポートチーム専門療法士の資格を持つ教員が在籍しています。また、臨床分野やスポーツ分野、行政分野での経験豊富な教員を配置し、管理栄養士が活躍するあらゆる分野について学ぶことができる指導体制を整えています。

豊富な課外活動で実践力を磨く

イメージ写真

「食」や「栄養」に関連する様々な課外活動を実施し、高い実践力を身につけます。

○新潟市北区との連携によるサツマイモスイーツの商品開発・販売
○地元飲食店と連携した新メニューの開発
○他大学のスポーツ選手への栄養サポート
○近隣の小学校、行政などとの連携による食育ボランティア
○地域の嚥下困難者のための調理支援
○地域活動支援センターとの連携による食育講座、調理実習の開催 など


全国トップクラスの国家試験合格率および就職実績!

イメージ図 2016年度管理栄養士 国家試験合格率
学生一人ひとりの弱点・苦手分野を把握した個別のサポートにより、全国トップクラスの合格率を達成!


イメージ図 2017年3月卒業生 就職内定率
実践力重視の教育や複数資格の取得などにより、就職内定率100%を達成!


(2017年4月30日現在)


学科長メッセージ

健康栄養学科長 斎藤トシ子教授写真

斎藤 トシ子
Toshiko Saito
健康栄養学科長
教授

健康栄養学科のアドミッションポリシ-(求める人物像)について

当科のアドミッションポリシーとして、国語・数学・生物・化学・英語の基礎力を挙げています。これらの基礎学力は、体のことや疾病の成り立ち、食べ物と健康のかかわり等について、講義や実験・実習で学んだり、日本語や英語の論文や報告書に書かれている文章や図表を読み解く際に必要となります。さらに、食と健康等の関連については、未知のことも多いため、その原因や解決策について論理的に考え、自分の意見を述べる力も大切です。ただ、保健、医療、福祉、スポーツに関して「食」の面から貢献したいという熱い思いがあれば、これらの力は、入学後に伸ばすことは可能ですので、まずは、管理栄養士になりたいという意欲とバイタリティのある方の入学を希望いたします。

教員詳細情報


目標とする資格

管理栄養士(国家資格) 主に病院、福祉施設などに勤務し、患者、高齢者、障害者個々に合った栄養・食事管理、食指導を行っています。特に、病院で医師や他医療職と連携が必要なチーム医療を行う際や、介護保険施設で多職種と協働する場合などに、栄養の専門職として高度な知識と技術が求められています。また、保健所(官公署)では、地域の健康づくり計画の策定、健康教育・栄養相談、食環境整備などを行い、さらに、研究機関、大学、企業などで、調査、実験、商品開発を行うなど、食と栄養に関わるあらゆるフィールドで活躍しています。
栄養士 栄養士になるには、指定の養成施設に通い、厚生労働省が指定する単位を履修し、卒業と同時に都道府県知事の免許を受け、栄養士資格を取得することができます。栄養士は栄養学に基づき、理想的な栄養バランスの献立作成やカロリー計算、調理指導、衛生管理などを行います。
栄養教諭一種免許 栄養に関する専門性と教育に関する資質を併せ持つ栄養士が、児童生徒への食に関する指導及び学校給食の管理を行います。栄養教諭の免許状の種類は、専修(修士相当)、一種(学士相当)、二種(準学士相当)の3種類がありますが、一種免許を取得するためには、管理栄養士免許を取得するために必要な科目に加え、栄養に係る教育に関する科目と教職に関する科目を修得することが必要とされています。
フードスペシャリスト
(日本フードスペシャリスト協会認定資格)
食べ物や食生活について、流通・販売者と消費者に的確な情報(品質、安全性、機能性、栄養と健康など)を提供し、またレストランや食堂などで快適な飲食ができるように食空間をコーディネートし、さらに「食」に関する消費者のクレームを処理できる専門職に与えられる資格です。日本フードスペシャリスト協会が認定する養成施設で所定の科目を学び、同協会が実施する試験に合格したものが認定されます。
NR・サプリメントアドバイザー
(日本臨床栄養協会認定資格)
消費者が適切かつ安全に保健機能食品やサプリメントを摂取するために、適切な情報を提供しアドバイスを行えます。日本臨床栄養協会が実施する試験に合格しものが認定されます。

取得可能な学位

学士(健康栄養学)

このページの先頭へ戻る