スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

小林 量作写真

医療技術学部/理学療法学科

小林 量作
Ryosaku Kobayashi
医療福祉学研究科保健学専攻長/理学療法学分野長/教授

プロフィール

担当科目理学療法学概論 日常生活活動学 神経筋疾患治療学 高齢者健康増進学
専門分野高齢者の健康増進、介護予防、神経難病
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/新潟大学/2006年
資格理学療法士

業績等

研究領域高齢者の健康増進、介護予防、神経難病
研究紹介超高齢社会とともに介護を必要とする高齢者が増加している。その原因の1つである高齢者の転倒・骨折、運動器症候群(ロコモ)に影響している因子を探る、また、その予防のための運動プログラムについて研究している。
著書・脳血管障害.『地域理学療法学』(第4版).医学書院.2017
・骨折.『地域理学療法学』.医学書院.2017
・歩行以外の移動動作の介助方法と動作練習.『図解訪問理学療法技術ガイド』.文光堂.2014
・脊髄小脳変性症.『臨床実習フィールドガイド』.南江堂.2014
・『ロコモ予防事業地域活動マニュアルーサポーター育成のために』.2013.
・神経筋疾患・難病.『日常生活活動学・生活環境学』(第4版).医学書院.2012
・筋萎縮性側索硬化症(ALS).『臨床実習とケーススタディ』.医学書院.2011
・パーキンソン病.『臨床動作分析マニュアル』.文光堂.2010
・『地域で行う高齢者の総合的運動プログラム』.2010.
・神経難病.『在宅・訪問リハビリテーション リスク管理実践テキスト』.診断と治療社.2009
・脳神経由来の感覚系.『理学療法検査・測定ガイド』.文光堂.2009
・『高齢者のための転倒予防10種運動』.生活ジャーナル.2008
・神経難病・ALS患者のQOL.『QOLと理学療法』.三輪書店.2006
・高齢者のQOL.『高齢者の理学療法』.三輪書店.2002
研究論文・・岡村達朗, 小林量作.重度パーキンソン病の小刻みな車いす駆動における聴覚リズム刺激の併用で駆動能力が改善した3症例.理学療法学.2015;42:519-523.
・神田舞子, 小林量作.若年健常女性に対する閉眼片足立ち練習の効果.理学療法学.2015;42:119-124.
・Kitamura K, Nakamura K Saito T, Oshiki R, Kobayashi R, et al. High serum 25-hydroxyvitamin D levels do not retard postmenopausal bone loss in Japanese women: the Yokogoshi Study. Arch Osteoporos 2013;8:153.
・小林量作.理学療法をもっと深めよう 脳血管疾患患者の生活を理解する.理学療法ジャーナル.2013;47(11):1033-1041.
・Nakamura K, Saito T, Kobayashi R, Oshiki R, Kitamura K, et al. Effect of low-dose calcium supplements on bone loss in perimenopausal and postmenopausal Asian women: a randomized controlled trial. J Bone Miner Res 2012;27:2264-70.
・Nakamura K, Oyama M, Saito T, Oshiki R, Kobayashi R, et al. Nutritional and biochemical parameters associated with six-year change in bone mineral density in community-dwelling Japanese women aged 69 years and older: the Muramatsu Study.Nutrition 2012;28:357-61.
・小林 量作, 中山 和美, 片平 洌彦, 本間 久文.医療福祉系大学院における教育のあり方(その2) 教育と研究を向上するために.新潟医療福祉学会誌.2012;12(2):59-66.
・片平 洌彦, 中山 和美, 小林 量作, 本間 久文.医療福祉系大学院における教育のあり方(その1) 大学院生の研究環境の整備、経済的支援について.新潟医療福祉学会誌.2012;12(2):53-58.
・Kitamura K, Nakamura K, Kobayashi R, Oshiki R, Saito T, et al. Physical activity and 5-year changes in physical performance tests and bone mineral density in postmenopausal women: the Yokogoshi Study. Maturitas 2011;70:80-84.
・Nakamura K, Oshiki R, Kobayashi R, Oyama M, Saito T, et al. Postural sway velocity predicts osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese women:the Muramatsu Study. Age Ageing 2011;40:132-35.
・Nakamura K, Saito T, Kobayashi R, Oshiki R, Oyama M,et al.C-reactive protein predicts incident fracture in community-dwelling elderly Japanese women: the Muramatsu Study. Osteoporos Int 2011;22:2145-50.
・Nakamura K, Saito T, Oyama M, Oshiki R, Kobayashi R, et al.Vitamin D sufficiency is associated with low incidence of limb and vertebral fractures in community-dwelling elderly Japanese women: the Muramatsu Study. Osteoporos Int 2011;22:97-103.
・佐藤 健一, 小林 量作, 計良 圭一, 久保 雅義.健常若年者における利き足の左右差が片足立ちに与える影響.理学療法ジャーナル.2011;45(10):897-901.
・Nakamura K, Takahashi S, Oyama M, Oshiki R, Kobayashi R, et al. Prior non-hip limb fracture predicts subsequent hip fracture in institutionalized elderly people. Osteoporos Int 2010;21:1411-6.
・Nakamura K, Oyama M, Takahashi S, Yoshizawa Y, Kobayashi R, et al. Fracture incidence in nursing homes in Japan. Osteoporos Int 2010;21:797-803.
・Tsubaki A, Kubo M, Kobayashi R, Jigami H, Takahashi HE.Age-related changes in physical function in community-dwelling people aged 50–79 years.J Phys Ther Sci 22(1),2010.
・笠井 明美, 今村 徹, 大西 秀明, 小林 量作.介護老人保健施設における転倒予防 多職種協働のリスクマネジメントによる二次予防の有効性.総合リハ.2010;38(2):171-178.

このページの先頭へ戻る