スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教育内容の特色・資格

学びの特色

主に病院で活躍する「コミュニケーション」のプロフェッショナル

イメージ図 「ことば」や「聞こえ」に対して何かしらの障害を持つ方は、約600万人程度いると言われ、それら障害に対する支援を行う「言語聴覚士」は医療機関をはじめ、福祉施設や教育機関など、幅広いフィールドでその活躍が求められています。 しかし、同じリハビリテーション専門職である理学療法士(約15万人)や作業療法士(約9万人)と比べて、言語聴覚士は2万9千人程度しかおらず、圧倒的に人材が不足しています。そこで本学科では、あらゆるフィールドでの活躍を想定した多様な科目配置により、乳幼児から高齢者まで、様々な障害に対して高い専門性を発揮できる言語聴覚士を育成していきます。


実践力重視の指導体制

イメージ写真 学生数に対応した豊富な実習機器
心理検査や失語症の訓練、音響分析、小児への聴力・知能検査など、対象者の年齢や障害に合わせた支援法を学べるよう、様々な検査装置や測定機器を数多く配置しています。s

体験型学習による授業展開
様々な課外活動や見学実習を実施することで、体験を通じて実践的に学べる機会を多数用意しています。
○病院カンファレンス(患者様の情報交換と検討会)の見学
○言葉の遅れを持つ子どもを学内に招いての検査・訓練
○失語症友の会でのボランティア活動への参加 など

少人数での学外実習
2年次に病院・施設での見学実習を行い、意欲的に学習するための動機づけを行います。さらに3年次の学外実習前には、新潟リハビリテーション病院の協力のもと、少人数でのグループ学習を実施し、学外実習をスムーズに行うための事前学習の機会を設けています。


各領域の第一人者により広範な知識・技術を修得

イメージ図 失語症、自閉スペクトラム症、吃音、摂食・嚥下障害、発声発語障害、発達障害、聴覚障害など、言語聴覚士が活躍するあらゆる領域における第一人者の教員が多数在籍しています。また、言語聴覚士はもちろん、医師や歯科医師、看護師、臨床心理士など多様な資格を有する教員を配置し、幅広い知識・技術を学ぶための指導体制を構築しています。


全国トップクラスの高い国家試験合格率と就職実績

イメージ図 2016年度言語聴覚士 国家試験合格率
特別講座や少人数での勉強会などにより、全国トップクラスの合格実績を達成!


イメージ図 2017年3月卒業生 就職内定率
卒業生のほぼ全員が病院への就職を実現!!


言語聴覚士求人数推移
イメージ図 言語聴覚障害者の増加や診療報酬制度の改定により、言語治療を行う医療機関が増えています。こうした状況を受け、本学科に寄せられる求人数は年々増加し、平成27年度は学生一人あたり46.3人の求人数となっています。

(2017年4月30日現在)


学科長メッセージ

言語聴覚学科長 山岸達弥教授写真

山岸 達弥
Tatsuya Yamagishi
言語聴覚学科長
教授

広範な専門分野の知識のもとに幅広い教養を培い、
人に共感できる感性を育成する

本学科の第一目標は「ことば」「聞こえ」「発達面での遅れ」「器質性脳障害」などのために多種多様なコミュニケーション障害を有する人、また「食べること」に障害を持つ人たちを理解し、幅広い専門知識で支援し、QOL改善のために積極的にサポートができる言語聴覚士を養成することです。
言語聴覚士に必要な資質は、歯切れよく多弁に話すことではなく、対象者の考えや気持ちをよく理解し共感することです。また、専門家として問題解決にあたるためには、積極性、冷静さ、粘り強さも大切な資質の1つです。
言語聴覚士が対象とする障害は、小児から成人まで幅広く出現するのが特色で、その支援のためには、障害を的確に評価し、それに応じた治療プログラムを作成し実行するという責任を果たさなくてはなりません。そして豊かな教養と広範な専門知識・技術を基盤とし、障害を持つ人の心に寄り添い共感できる感性が求められています。
本学科の教員は一丸となって、このような人材を育成するためにカリキュラムを実践し、皆さんが楽しく意義ある大学生活を送れるように支援していきます。

教員詳細情報


目標とする資格

言語聴覚士(国家資格) 話すこと・聞くことの障害や食べることの障害をもった人の援助をします。ことばの発達の遅れ、失語症、声や発音の障害、聴覚障害など多岐にわたる障害の専門職です。

取得可能な学位

学士(言語聴覚学)

このページの先頭へ戻る