スマートフォンサイトを見る

作業療法学科

学外実習

学内での講義・実習を通して培った知識や技術が実践を通じて「ホンモノ」へと磨かれる。
現場での発見と感動が、一人ひとりの実践力・応用力を高めます。

学外実習計画

学外計画表

1年次/基礎実習 4日間

基礎実習写真 作業療法士が勤務する施設を複数見学し、様々な作業療法士の役割を学ぶことを目的としています。身体・精神・発達・高齢期障害領域を対象にグループに分かれて4日間の施設見学とセミナーを実施します。


2年次/体験実習 5日間

体験実習実習写真 対象者に対する評価技術の修得を目的に、身体・精神・発達・高齢期障害領域から一つを選択し実施します。作業療法士の業務の見学や対象者の評価の一部を実施することで、作業療法士としての対象者への対応や接遇についても学習します。


3年次/評価実習 3週間

評価実習I・II写真 対象者の状態を理解することを目的とし、身体・精神・発達・高齢期障害領域から1施設3週間の学外実習とセミナーを実施します。また、その領域における評価を計画・実施し、対象者への円滑な対応方法についても学習します。


4年次/総合臨床実習I・II 各8週間

総合臨床実習I・II写真 身体・精神・発達・高齢期障害領域から2施設、各8週間の学外実習とセミナーを実施します。これまでに修得した知識・技術などを統合し、実習指導者のもとで作業療法を実践する最終教育課程となります。


学外実習レポート

根本佳菜子写真 笑顔に繋がる作業療法士に
作業療法学科4年 根本 佳菜子

私は、4年生の前期に和歌山県の紀和病院で8週間実習をさせていただきました。
実習では、作業療法場面の見学や作業療法士の先生方との関わりを通して、患者様の性格や生活歴、趣味嗜好など、それぞれの患者様らしさのある生活をベースにアプローチするという考え方を学ぶことができました。また、患者様と関わる中で、病気により不自由になった生活動作を少しずつ再獲得することで、患者様の表情が徐々に明るくなるという心理的な変化を間近で体験し、大学での勉強だけでは味わえない喜びを感じました。
また、退院後に訪問リハビリを利用する患者様について、入院中から訪問リハビリのスタッフに情報を提供することで、退院後の在宅生活がよりスムーズになるとお聞きし、現場のスタッフ同士の連携の重要性を学びました。
今回の実習を通して学んだことや経験したことを活かし、入院中から退院後の生活を考えてリハビリを提供できるように努力し、患者様の笑顔に繋がる作業療法士になれるように頑張りたいです。

※学生の在籍学年は、平成26年度在籍時のものです。

関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク
新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

このページの先頭へ戻る