義肢装具自立支援学科学外実習

学習の成果を実地で応用し、自己の弱点を知り、プロとしての力を強化する

学内では学べない貴重な体験を通して、その知識・技術を応用的に発展させるとともに、プロフェッショナルとしての心構えや誇りを強化します。

学外実習計画

学外計画表

1年次より実施される会社見学を通じて、学生それぞれの将来像を具体化する

イメージ写真

義肢装具自立支援学科では、2年次より始まる学外での実習への準備学習の一環として、また将来の就職に向け、1年次より義肢装具製作所および福祉機器/用具関連企業等への見学会を積極的に実施しています。訪問では、実際の製作過程を見学させていただき、様々な設備や機器の説明を受けるなど、学内の講義や実習だけでは学ぶことのできない実践的な知識や技術を目の当たりにすることができます。学生はこうした経験を通じて、個々の将来像をより明確化することができ、また義肢装具士の様々な活躍の場を知ることで、その可能性を広げることができます。

臨床実習II (関連施設)

臨床実習II写真

病院や義肢装具製作会社などの見学を通して、医療従事者に求められる基本事項を学びます。また、在宅障害者や高齢者施設への訪問を通し、義肢・装具、福祉用具全般に対するニーズと、専門職としての役割を理解します。

臨床実習Ⅲ (福祉用具)

臨床実習Ⅲ写真

車いすなどの福祉用具・機器について、製造・流通・利用者様への適合など関連する施設・会社で実習を行い、専門職としての心構えや態度を修得します。こうした福祉用具・機器に関する長期実習は、全国でも数少ない本学独自の取り組みです。

臨床実習Ⅳ (義肢装具)

臨床実習Ⅳ写真

義肢装具士の指導のもと、実際の患者様にそれまで得た義肢・装具に関する知識および技術の確認を行います。患者様の評価、義肢・装具のデザイン検討、採型・採寸、製作適合を体験し、義肢装具士としての役割を実践的に学びます。

関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク

新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

義肢装具自立支援学科 メニュー

義肢装具自立支援学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る