作業療法学科施設・設備

豊富な施設・設備で、専門職者として必要とされる「実践力」を身につける

新潟医療福祉大学では、広大な敷地を有効活用し、各学科ごとに最新の実習施設・設備を完備しています。各学科で実施される学外での臨床実習に向けた学内準備実習を徹底するとともに、将来、各分野の専門職者として活躍するために必要不可欠となる『高い実践力』=『即戦力』を高めます。

最新の設備・機器を備える多様な実習校舎

大学マップ

実践力を身につける豊富な施設・設備

ADL実習室(ADL=日常生活活動)

ADL実習室写真

ADLとはActivities of Daily Livingの略称で、日本語では日常生活活動あるいは日常生活動作と訳されます。実習室では障害のある方の住宅改修のシミュレーションや日常生活の動作訓練について学ぶことができます。また、キッチンや浴室、トイレ、階段などのシミュレーターは全て電動で高さ調節が可能で、対象者の状態に合わせて設定することができます。

作業療法実習室

作業療法実習室写真

作業療法士は対象者の障害の状態や興味・関心を考慮し、その対象者に適した作業活動(工作や手芸など)を用いてリハビリテーションを行います。実習室には実際の病院や施設で行う作業活動の材料や道具が完備されており、作業をするための方法やその効果について学ぶことができます。

運動機能解析室

運動機能解析室写真

運動機能解析室では、作業療法学科の学生ならびに院生の皆さんが、上肢運動機能について電気生理学的に学習、新たな知見を追及するために、筋電図測定システム・磁気刺激装置・電気刺激装・筋力計測装置などを実際に用います。また、多チャンネル近赤外線脳血流量計測装置を用いて運動時の脳活動動態を観察することも行います。これらによって得られたデータは、卒業研究や修士論文の作成、研究報告に活用されます。

作業療法学科 メニュー

作業療法学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る