作業療法学科在学生メッセージ

Student's Message #04

波多野 亨太写真

作業療法学科4年
波多野 亨太
新潟県
新発田南高校出身

本学科の魅力のーつは、国家試験対策がとても充実していることです。模擬試験の結果をもとに、自分が不得意な科目に対して徹底した補講を受け、苦手科目の克服を目指します。さらに、国家試験対策の学習室が用意されているため、集中できる環境で納得のいくまで試験対策に励むことができ ます。こうした恵まれた環境の中、目標であった作業療法士国家試験に無事合格することができました!

Q&A

Qクラブ・サークル活動について教えて!

私は、ボランティア団体である「レクア・コム部」に所属し様々な活動を行っています。障害を持った方々との交流や地域行事のお手伝いなどの活動を行います。多くの方々との交流を通じて、医療専門職としての心構えを学ぶことができる貴重な機会となりました。

Q作業療法士を目指したきっかけは何ですか?

私は、高校の部活で怪我をして接骨院に通ってからリハビリに対して興味を持ちました。最初は身体機能を改善するためにリハビリを行う理学療法に興味を持っていまいたが、本学のオープンキャンパスで作業療法学科の見学をさせていただいた時に、理学療法と作業療法の違いについて在学生の方から「理学療法は対象者の身体機能を改善することに対して、作業療法は対象者の生活を改善する」というお話を聞きました。対象者の方の日常生活に対して、より近い距離でリハビリができて魅力的だと自分は感じたので、本学の作業療法学科を志望しました。

Q特に印象に残っている授業を教えてください!

「総合臨床実習」
総合臨床実習では、実際に臨床の現場で作業療法士の先生のリハビリ場面の見学や、対象者の方に対して作業療法を体験させていただきます。学校の授業では体験できない、障害を持った方との関わりや他職種の方々との連携などを臨床で働かれている指導者の先生から丁寧に教えていただきます。また、実習では一人の対象者の方に対して作業療法評価から治療を体験させていただきます。対象者の方にどのようなリハビリを行えばよいか、生活場面で何が問題で何を改善すべきかなどを考える貴重な経験になります。将来的に臨床の現場で働くために必要な知識や技術、礼儀など本当に多くのことを学ぶ機会になると思います。

Q今後の目標や将来の夢について教えてください!

私は本学で様々な授業を受けて、作業療法士は医療機関や福祉施設など多くの場所で活躍していることを知り、その中でも特に訪問リハビリに対して興味を持ちました。介護予防を目的に病院から退院された方、在宅生活で困っている対象者の方の在宅生活に対して、必要な身体機能の維持・改善や住宅環境に対してアプローチができるため、より日常生活に密接に関わったリハビリを行うことができると感じとても魅力的だと思いました。高齢者の方が増えていく社会の中で、将来は高齢者の方々の在宅生活を支えることができるような作業療法士になりたいです。

Q本学を目指す高校生にメッセージをお願いします!

本学科は他学科よりも人数が少ないです。しかし、少ないからこそ学年での結びつきが強いです。テスト期間や実習に向けて協力して勉強したり、様々な行事を企画して行ったりしたので他学科よりも団結している自身があります。また、先生方は各分野の第一人者でですが、学生との距離も近く親身になって勉強のことだけでなく様々なことを教えてくださいます。学生も先生方も皆さんとの大学生活を楽しみにしているのでぜひ作業療法学科に入学してください。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

作業療法学科 メニュー

作業療法学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る