トピックス&ニュース

【運動機能医科学研究所】理学療法学分野・小島翔さんらの論文が神経生理学分野の雑誌「BMC Neuroscience」に掲載されました。

理学療法学分野・小島翔さんらの論文が神経生理学分野の雑誌「BMC Neuroscience」に掲載されました。

本研究は、(1)経頭蓋磁気刺激によるCortical Silent Period(CSP)と筋収縮強度との関係(2)CSPと磁気刺激強度との関係(3)二連発磁気刺激による短潜時皮質内抑制(SICI)および皮質内促通(ICF)とCSPとの関係について明らかにすることを目的としました。

実験の結果、CSPは運動誘発電位の大きさや筋収縮強度とは関係性がなく、磁気刺激強度に強く依存して変動することが確認されました。さらに、CSPはSICIで短縮したのに対し、ICFでは変化が認められませんでした。これらのことから、SICIによる条件刺激がCSPを生成する抑制性ニューロンに影響を与えたことが示唆されました。

Kojima S, Onishi H, Sugawara K, Kirimoto H, Suzuki M and Tamaki H
Modulation of the cortical silent period elicited by single- and paired-pulse transcranial magnetic stimulation
BMC Neuroscience, 2013 (in press)

運動医科学機能研究所では、今後も最先端の研究を続けて参ります。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

>>大学院の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/index.html

このページの先頭へ戻る