トピックス&ニュース

【大学院】大学院公開講座「科学的根拠に基づく靴適合-Evidence based shoe fitting-」が行われました

画像1 画像2 画像3 画像4

2014年8月28日(木)~29日(金)に、新潟医療福祉大学大学院義肢装具自立支援学分野では、「科学的根拠に基づく靴適合-Evidence based shoe fitting-」と題した、専門職対象大学院公開講座を開催しました。

本講座は一般社団法人足と靴と健康協議会との共催により、靴で悩んでいる方の相談を受ける専門販売員や、靴メーカーの企画開発や設計担当者、義肢装具製作会社の靴型装具担当者などの参加者を対象としたものです。「靴の適合性」をテーマとし、勘と経験を数値化する方法を紹介しながら、参加者の方々にも歩行分析演習をして頂きました。

本学大学院義肢装具自立支援学分野長で靴医学、靴人間科学、歩行分析を専門とする阿部薫教授が、「科学的に証明すると何か」「履きやすく楽な靴という感覚を数値化するには」などのテーマで講義を行いました。
さらに同大学院同分野で装具学を専門とする笹本嘉朝講師は、身体反応を計測する様々な実験機器の解説と実演を行い、参加者の方々にも体験して頂きました。また日頃の研究成果を、具体的に現場で活用するためのノウハウも数多く紹介されました。

今後も大学院で研究され蓄積されているノウハウをわかりやすくお伝えすることによって、社会貢献を推進していきたいと思います。

写真上から
・会場の様子
・熱心な参加者の方々
・歩行計測演習の様子
・参加者全員による記念撮影



>>大学院の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/

>>保健学専攻 義肢装具自立支援学分野の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/field/master/at.html

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/

このページの先頭へ戻る