トピックス&ニュース

新校舎「第6研究・実習棟(N棟)」の竣工式が行われました。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

3月28日(月)、全学的に利用できる学生ラウンジと336名が収容できる大講義室、そして本年4月新設の医療技術学部 臨床技術学科の実習環境を備えた「第6研究・実習棟(N棟)」の竣工式が執り行われました。

竣工式は、第6研究・実習棟(N棟)の建築に関わった、設計会社のクレイズプラン様、建設会社の福田組様、そして金融会社からは三井住友銀行様、第四銀行様、みずほ銀行様、大光銀行様のご参列を賜り、池田総長をはじめとする本学の参列者を含めて総勢37名による式典となりました。

参列者の皆様より、多くの賛辞のお言葉を頂戴し、新設の臨床技術学科と共に新潟医療福祉大学の新しい顔となるものと自負しております。

今後は是非、本学のオープンキャンパスやキャンパスツアーなどで、各学科の説明と共にこの「第6研究・実習棟(N棟)」を体感して下さい。

■第6研究・実習棟(N棟)の主な仕様(延べ床面積2,659.89㎡)■
地下1階(駐車場)から地上5階の6階層建で、1階に218席の学生ラウンジ、2階には講義室と総合実習室、3~5階は臨床技術学科の専有施設として基礎工学実習室、臨床工学実習室、微生物実験室、化学実験室、顕微鏡室が配置されています。
「微生物実験室」には、病原性細菌などを用いた実習・実験を行うために、殺菌機能付きロッカーや循環式紫外線空気清浄機を設置し、また「顕微鏡室」には最新デジタル顕微鏡を学生1名に1台配置するなど臨床技術者を育成する為の充実した研究・教育環境を整えています。

■臨床技術学科の詳細はこちら
>> http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/mt/index.html

このページの先頭へ戻る