トピックス&ニュース

【理学療法学科】アスリートサポートセンター所属の学生が「小学生野球選手に対する野球肘検診」にボランティアスタッフとして参加しました。

画像1 画像2 画像3

理学療法学科では、スポーツ選手に対する治療やコンディショニングのスペシャリストの育成を目的として、スポーツ現場実習を希望する学生に対して、学内にある「アスリートサポートセンター」で、強化クラブの選手などのコンディショニングを行うなどの教育・指導を行っています。

センター長は健康スポーツ学科の石川教授(整形外科専門医)で、センターのメンバーには新潟リハビリテーション病院の山本院長(整形外科医)や理学療法学科、健康スポーツ学科をはじめ多数の本学教員も在籍しています。

基本的には学内のアスリートに対するコンディショニングやリハビリテーションを担当し、その内容を興味のある学生にも教育することが主な活動内容ですが、今回は、リハビリテーション病院が主催している小学生野球選手に対する野球肘検診のボランティアスタッフ派遣の依頼をいただき、当センター所属の学生を中心に参加させていただきました。

以下、参加した学生からの感想です。

「検診では若い理学療法士の方がとても多く、皆さんのてきぱきとした行動がすごく印象的でした。当日はエコー検査についてご指導いただき、実際に自分で使わせていただきました。自分の骨を見たり人にエコー検査をしたりするのは初めてでしたが、実際の仕事内容を体験させていただき、ますます理学療法士に対する憧れが募りました。最初は多くの人の真剣さに緊張し、子ども達の多さと忙しさに焦りましたがとても楽しく貴重な体験ができました。参加させていただいてありがとうございました。」
理学療法学科 1年 小林優花

このように大学の中で理学療法学科の学生が、アスリートに対してサポートを行える環境は、日本では数少なく、本学理学療法学科の大きな特徴です。通常のカリキュラム以外に、意欲ある学生に対して高度専門職教育を行っていることも特徴の一つです。

理学療法学科では、これからも保健・医療・福祉・スポーツの総合大学ならではの取り組みを積極的に行って参ります。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/index.html

>>理学療法学科の“今”が分かる学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>アスリートサポートプロジェクトセンターの詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/center/c08.html

このページの先頭へ戻る