トピックス&ニュース

【男子サッカー部】第5回 新潟県スーパーリーグ 対JAPANサッカーカレッジ 結果報告

画像1

いつも温かいご声援ありがとうございます。

9月7日、JAPANサッカーカレッジにて開催されました、第5回新潟県スーパーリーグ 対JAPANサッカーカレッジの試合結果を報告いたします。

■第10節
日時:2011年9月7日(水)19:15キックオフ
会場:JAPANサッカーカレッジ
対戦・結果:
 新潟医療福祉大学 3 - 0 JAPANサッカーカレッジ
《得点者》新潟医療福祉大学のみ
 坂井 陽祐(3年:アルビレックス新潟ユース出身)
 渡辺 飛鳥(3年:開志学園高校出身)
 江原 拓也(1年:北越高校出身)
 ※メンバーは全て健康スポーツ学科所属

試合は、開始早々に左サイドを突破したMF佐野がゴール前にボールを送る。そのボールの先に、タイミング良く走り込んできたMF坂井(陽)がネットを揺らし、医療福祉大が先制することに成功する。開始4分で先制点を挙げた医療福祉大は、その後もボールを保持し、試合を組み立てる。しかし、相手の素早いプレスにかかり、なかなかゴール前まで侵入することができない。相手ゴール前まで侵入することができない時間が続き、前半を終えるかと思われたロスタイムに、MF渡辺(飛)が貴重な2点目を挙げ、前半を良い形で折り返す。
迎えた後半、医療福祉大はパスミスから相手のカウンターを受けてしまい、守備陣を突破した相手選手をペナルティーエリア内で倒し、PKを献上してしまう。しかし、このPKをGK横山がストップする。このPKを守り切ったことで、流れが医療福祉大に大きく傾く。前半から積極的な動き出しで攻撃の起点となっているMF見田や途中出場のFW比嘉が相手ゴール前に侵入し、決定的な場面を作り出す。そして後半37分、MF志田が右サイドを突破し中央へ折り返す。中央で待ち構えていたMF見田がこのハスを受け、さらに逆サイドに走りこんできたMF江原にパスを送る。MF江原はこのパスをダイレクトで合わせる見事なシュートを放ち、相手を突き放す3得点目を挙げる。
試合はそのまま3-0で終了し、医療福祉大が勝利を手にすることができた。

次節スーパーリーグは10月1日、新潟聖籠スポーツセンターにて新潟経営大学と対戦します(18:30キックオフ)。

温かいご声援今後ともよろしくお願い致します。


>>スーパーリーグの詳細はこちら
http://niigata-fa.or.jp/

>>本学サッカー部の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/soccer/index.html

>>本学健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/index.html

このページの先頭へ戻る