トピックス&ニュース

運動機能医科学研究所研究員の論文が「Brain Topography 誌」に掲載されました。

2010年11月1日に本学に設置されました「運動機能医科学研究所」は感覚・運動機能、運動制御・運動学習および運動器に関する基礎および臨床研究を深め、深めた研究成果を広く世界に発信することを目的としています。

この度、運動機能医科学研究所研究員の論文が、神経生理学分野で権威のある「Brain Topography 誌」に掲載されましたのでご報告させていただきます。

健康スポーツ学科、佐藤大輔講師らの研究では、「近赤外線分光法(functional near-infrared spectroscopy: fNIRS)」を用いて、ヒトが34℃の水に下肢を浸水させた際に大脳皮質の感覚運動関連領野の活動が高まることを明らかに致しました。 

論文タイトルおよび著者名は以下の通りです。
Sato D, Onishi H, Yamashiro K, Iwabe T, Shimoyama Y, Maruyama A:
「Water immersion to the femour level affects cerebral cortical activity in human: functional near-infrared spectroscopy 」(in press)

運動医科学機能研究所では、今後も最先端の研究を続けて、新潟医療福祉大学および新潟医療福祉大学院の研究機能向上に貢献して参ります。

■運動機能医科学研究所ホームページはこちら
>>http://www.ihmms.jp/
■大学院の詳細はこちら
>> http://www.nuhw.ac.jp/grad/index.html
■健康スポーツ学科の詳細はこちら
>>http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/index.html

このページの先頭へ戻る