トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科】ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト チャリティー講演会開催報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

11月16日(水)、本学キャンパスにて、アフリカ・ルワンダ共和国にて活動をされている「ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」代表のルダシングワ(旧姓吉田)真美先生によるチャリティー講演会を開催致しました。

1996年に設立された日本とルワンダ共和国共同のNGO団体「ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」は、ルワンダ共和国の首都キガリ市とブルンジ共和国の首都ブジュンブラに義肢製作所を開き、紛争や病気・事故などで障害を負った人々の支援を行っています。「人種・政治・宗教の違いを乗り越え、お互いを尊重し、愛し合えば、全ては前向きに動いていく」を理念として掲げ、義肢装具、杖、車椅子の制作と無償配布、義肢装具士の育成、障害を持った方々への職業訓練、障害者スポーツの普及など様々な活動が進められています。

本講演会ではルダシングワ真美先生より、プロジェクト設立の経緯やルワンダ共和国の現状、現地での活動内容等についてご講演をいただきました。参加した在学生からは「貴重な話を聞くことができた。今後、義肢装具士になる上で糧になった。」等の意見が多く聞かれ本講演会の充実ぶりが窺えました。

また、ルワンダ共和国とブルンジ共和国にある義肢製作所は、毎日義肢装具士たちが、義肢装具・杖・車椅子などを無償で製作・配布していますが、障害を持つ人たちの多くは決まった収入がなく、義肢・装具を買うための収入も不足しているとのお話もいただき、講演会後には本学義肢装具自立支援学科の在学生有志が募金活動を行い、支援の協力を呼びかけました。集まった募金はルダシングワ真美先生にお贈りさせていただきました。今後現地での活動に役立てていただければ幸いです。

義肢装具自立支援学科では、本講演をはじめ海外研修など国際交流を積極的に推進し国内はもちろん、国際的に活躍のできる義肢装具士の育成に取り組んで参ります。

<写真上から>
・ルダシングワ真美先生のご講演
・同上
・義肢装具自立支援学科在学生有志による募金活動
・募金贈呈
・講演後のルダシングワ真美先生と在学生

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/index.html

>>ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトの詳細はこちら
http://www.onelove-project.info/project_development.html

このページの先頭へ戻る