トピックス&ニュース

【社会福祉学科】新潟県内福祉関係者等との連携による社会貢献活動(第3回目)実施報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

2月18日(土)~19日(日)、本学社会福祉学科在学生・教員が東日本大震災において被災された福島県南相馬市鹿島区内の応急仮設住宅を訪問し、交流会を通した生活支援(第3回目)を実施させていただきました。

本活動は、本年度末まで計4回実施予定であり、今回は社会福祉学科在学生30名、社会福祉学科教員2名が参加し、南相馬市鹿島区寺内権現沢応急仮設住宅集会所(約12世帯)、南相馬市鹿島区牛河内第四応急仮設住宅集会所(約30世帯)にて実施致しました。

18日(土)は、応急仮設住宅を一軒一軒訪問し、交流会のチラシ配布・交流活動の周知を行い、19日(日)、各応急仮設住宅集会所にて、交流会を実施致しました。
伝言ゲームや豆まきなど当日のプログラムはすべて在学生が主体的に企画・運営致しました。交流会にご参加いただいた方からも多くの笑顔が見られ、短い時間ではありましたが、参加者一同が有意義な時間を共に過ごすことができた会となりました。

本学は今後も本活動をはじめ積極的な支援活動に尽力して参ります。

■新潟県内福祉関係者等との連携による社会貢献活動 今後のスケジュール
第4回目 平成24年3月17日(土)・18日(日)

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/index.html

このページの先頭へ戻る