トピックス&ニュース

【陸上競技部】「第81回日本陸上競技対校選手権大会」結果報告

画像1

9月9日(日)~12日(水)国立競技場(東京都新宿区)において、「第81回日本陸上競技対校選手権大会」が開催されました。本大会は、地区インカレ優勝者及び標準記録突破者に参加権が与えられ、学生の大会では最高峰に位置付けられます。本学からは昨年の6名を大きく上回る20名がインカレに参加致しましたので結果報告をさせていただきます。

男子円盤投の土田祥太(修士課程 健康科学分野 健康スポーツ学専攻1年)が48m83で7位入賞を果たしました。これまで2回入賞をしている土田選手ですが、今回の大会はこれまでのどのインカレよりもレベルが高く、価値のある入賞となりました。来年はさらに上位を目指します。

女子走高跳の有賀楓子(健康スポーツ学科1年)が、1m65までを1回目でクリアし、12位となりました、来年は入賞ラインである1m69以上の跳躍に期待がかかります。

また、トラック種目では女子400mHに出場した徳田はな(義肢装具自立支援学科1年)が61秒75で予選を突破し、ベスト16となる準決勝に進出しました。準決勝では、不本意な結果に終わりましたが、来年は準決勝で勝負します。

男子100・200mに出場した山﨑勇哉(健康スポーツ学科2年)と女子400mに出場した吉田皆美(健康スポーツ学科1年)ですが、両選手共あと一歩のところで準決勝進出を逃しました。来年は、まずは準決勝に進出し、勝負します。男子400mRは41秒19、女子1600mRは3分53秒46と、共にチームベストを更新する力走を見せたものの、ラウンドを進めることはできませんでした。今年の悔しさをバネに来年以降の飛躍につなげてほしいと思います。

陸上競技部では今後も品格あるアスリートを育成し、選手の目標達成と指導者育成に尽力して参ります。今後ともご声援よろしくお願い致します。

<写真>
・48m83の記録で入賞した土田選手(修士課程 健康科学分野 健康スポーツ学専攻1年)

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/index.html
>>NUHW SPORTS CHANNEL(陸上競技部)はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/ekiden/index.html
>>陸上競技部ホームページはこちら
http://www.nuhw-tfc.net/

このページの先頭へ戻る