トピックス&ニュース

【大学院】大学院公開講座「変形性股関節症者の靴選び ~脚長差に注目して~」が行われました

画像1 画像2 画像3 画像4

2014年5月24日(土)、新潟医療福祉大学大学院 市民講座「変形性股関節症者の靴選び ~脚長差に注目して~」を開催しました。

本講座は、たんぽぽの会(変形性股関節症者の会)との共催により、変形性股関節症で悩んでいる方々の「靴選び」をテーマとして、「脚長差」に注目した内容でした。
当日の講師は、本学大学院義肢装具自立支援学分野長で靴医学、靴人間科学、歩行分析を専門とする阿部薫教授や同大学院同分野で装具学を専門とする笹本嘉朝講師による講座でした。事前に新聞に告知記事が掲載されたこともあり、当日は50数名の参加者がありました。

内容は、大学院義肢装具自立支援学分野長の阿部薫教授による、足と歩行のしくみ、脚長差のしくみ、脚長差の靴選びと靴補正、笹本嘉朝講師による自分でチェックできる脚長差と靴選択の実演でした。
また新潟市中央区の㈱田村義肢製作所による靴型装具と足底装具の紹介、㈱楽歩堂新潟店による一般靴の改造についての紹介と展示も併せて行われ、参加者には具体的な情報を提供することができました。

今後も大学院で研究されているノウハウを市民の方々へわかりやすくお伝えすることによって、社会貢献を推進していきたいと思います。

写真上から
・阿部薫教授による講義
・笹本嘉朝講師による講義と実演
・㈱田村義肢製作所による装具の紹介
・㈱楽歩堂新潟店による一般靴改造の紹介



>>大学院の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/

>>保健学専攻 義肢装具自立支援学分野の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/master/jiritsu.html

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/


このページの先頭へ戻る