トピックス&ニュース

【国際交流】国際協力機構(JICA)生活習慣病予防研修・第2週目実施報告

画像1 画像2 画像3

本学では、独立行政法人国際協力機構(JICA)の要請を受け、10月29日(水)~11月27日(木)に渡り、フィジー・ソロモン・バヌアツの3カ国から看護師や栄養士等11名の研修員を受け入れ、生活習慣病予防に関する研修を実施しております。

2週目のプログラムでは、日本における生活習慣病の現状・対策とその効果について理解を深めるため、健康栄養学科・健康スポーツ学科・看護学科の教員による講義・実習のほか、学外へ赴き現地見学が行われました。

昨年に引き続き長岡中央綜合病院見学等を通して、地域ベースの健診と保健指導について理解を深めたほか、学校ベースの健診と健康教育について学ぶため、佐渡市教育委員会、佐渡市立金井中学校、佐渡市立新穂小学校を訪問し、児童とともに日本の給食を体験しました。そのほか、日本の保健医療の現状や生活習慣病の対策について、また循環器疾患対策や看護職の生活習慣病対策における現状と役割について講義が行われたほか、地域住民との運動教室体験を通して日本の生活習慣病対策を学ぶプログラムが組まれ、研修員の理解がより深まるプログラムとなりました。

国際交流関連では、11月2日(日)にアルビレックス新潟のサッカー観戦が行われました。11月6日(木)には森新潟県副知事への表敬訪問が行われたほか、昼食交流会イベント『コーヒーハウス』に研修員を招き、民族衣装の披露や国紹介などを通して学生との交流の機会を持ちました。

11月8日(土)の佐渡研修2日目には、猫岩、妙宣寺、人面岩、大滝学舎を見学し、そば打ち体験や鼓動太鼓交流館での太鼓体験など「日本文化体験」プログラムが行われました。秋晴れの空の下、研修員の笑顔が垣間見られた週末となりました。

本学では、引き続き11月27日(木)まで保健・栄養・運動・看護における様々な研修プログラムを実践してまいります。

■研修期間
10月29日(水)~11月27日(木)

■対象国・人数
フィジー(9名)・ソロモン(1名)・バヌアツ(1名) 計11名

■研修目的
地域医療保健サービスに関わる看護職者が、生活習慣病予防のための知識や技術を獲得し、自国の実情に合った予防対策計画を立案し、関係者に普及する。

■研修内容
1)自国や大洋州地域における問題点とその対応策の動向(国レベル~地域レベル)を説明する。
2)日本における生活習慣病の現状・対策とその効果的について理解を深める。(健康診断、栄養、運動)
3)生活習慣病予防に対する具体的な健康教育法および促進法を学ぶ。
4)自国の地域や学校において活用できる生活習慣病予防プログラムおよび教材を作成する。
5)作成したプログラムのモニタリングおよび評価方法を学び、自国における生活習慣病予防計画を策定し発表する。

(写真上から)
・健康度評価と目標設定における研修の様子(本学健康栄養学科の学生と)
・学生との昼食交流会『コーヒーハウス』での様子
・佐渡市太鼓体験交流館での記念撮影

>>本学の国際交流に関する詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/international/index.html

このページの先頭へ戻る