トピックス&ニュース

【大学院 義肢装具自立支援学分野】第8回日本整形靴技術協会学術大会において本学大学院生6名が学会賞を受賞!

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

2月18日(土)~19日(日)、兵庫県神戸市で行われた第8回日本整形靴技術協会学術大会において、阿部薫教授のゼミに所属する、大学院修士課程・義肢装具自立支援学分野の院生6名が学会発表を行いました。日本整形靴技術協会学術大会は、わが国を代表する靴と歩行に関する学会で、大変権威のある学会です。

この学会には全国から多くの学生が集まり、ポスター発表のコンペがあり、その中で本学大学院6名全員が学会賞を受賞するという快挙を成し遂げました。うち飯嶌勇人(修士2年)は最高賞(第1位)である審査員長賞を、松矢晃君(修士1年)は第2位に相当する優秀発表賞に選出され、大会長より表彰状が手渡されました。

・審査員長賞:飯嶌勇人「足底感覚を反映した足底挿板設計のための基礎研究」
・優秀発表賞:松矢 晃「中足骨パッドの定性的評価と定量的評価の比較検討」
・奨励賞  :赤石恒一「Windlass actionに対応した足部寸法の計測法」
・奨励賞  :阿部真典「浮き趾が歩行に与える影響」
・奨励賞  :本塚茂樹「中足骨頭部の骨連結強度から見た遠位横アーチ構造の検討」
・奨励賞  :郷貴 博「靴内における義足足部の足底圧分布およびCOF軌跡の特徴について」

 日頃の研究活動の成果をまとめて発表し、会場からは研究レベルも高く評価され、質疑応答に対してもスムーズに受け答えしました。日頃の地道な学術活動においても、本学の取り組みが全国レベルの学会で評価されたことに、関係者一同、大変嬉しく思っております。本学では今後も学術・研究活動を積極的に支援していきます。

<写真上から>
・学会会場前にて記念撮影
・審査員賞を受賞した飯嶌勇人君のプレゼンテーション
・優秀発表賞を受賞した松矢晃君のポスター
・奨励賞を受賞した本塚茂樹君のプレゼンテーション
・奨励賞を受賞した郷貴博君のプレゼンテーション

>>大学院修士課程・義肢装具自立支援学分野の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/master/jiritsu.html

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/index.html

>>第8回日本整形靴技術協会学術大会の詳細はこちら
http://www.ivojapan.com/news/2012.0218.html

このページの先頭へ戻る