義肢装具自立支援学科在学生メッセージ

Student's Message #04

飯田 美帆写真

義肢装具自立支援学科 4年
飯田 美帆
新潟県
長岡向陵高校出身

私は、小さい頃から“ものづくり”が好きで、“ものづくり”を活かせて且つ人の役に立つ職業に就きたいと考えていました。そんな中、見つけたのが「義肢装具士」という専門職でした。怪我や病気で自立した生活が困難な方に対して、義手・義足や装具を製作し、患者様や利用者様の「できる」を増やし笑顔を生み出すことのできるやりがいのある仕事だと感じました。将来は女性義肢装具士として、女性特有の不安や悩みも支援できるようになりたいです!

Q&A

Q義肢装具自立支援学科を目指す高校生へ一言!

義肢装具士という専門職はあまり知られていない職業だと思います。ものづくりが好きで医療の仕事を目指したいなら、ぜひオープンキャンパスに参加して義肢装具士という職業に触れてみてください! きっと義肢装具士の魅力を感じると思いますよ!

Q履修した授業について教えてください!

「臨床実習」
私が特に印象に残っている実習は、臨床実習です。4年次の臨床実習では、実際に義肢装具を製作、販売している企業に約5週間お世話になります。3年次にある福祉用具関連企業にお世話になる臨床実習とは違い、義肢装具関連企業にお世話になるため、より実践的な採型技術や製作技術などを学ぶことができます。また、製作に関する技術だけでなく患者様や使用者様と実際にコミュニケーションをとることができるため、お話をする際の言葉の選び方や話題の出し方、義肢、装具の説明の方法などを学ぶこともできます。義肢装具士としての知識だけでなく、コミュニケーションの取り方などはふだんから使えることも学ぶことができたことはとても貴重な経験でした。

Q本学科で印象に残っている施設はなんですか?

「機械室」
世界最高水準と言われている本学の実習環境の中でも、私が特に印象に残っている施設は機械室です。本学科の機械室は、学生一人当たりの工作機器数も多いため、実習時自分の作業に機械が空くのを待つという無駄な時間が少なく、その分作業で分からないことを先生に質問できたり、製作のための技術の練習ができます。また、コンピューター制御の集中集塵システムが導入されていることや安全に使用するために機器の使用方法の指導がしっかり行われることなど、学生の身体への配慮がきちんとされているため、健康面やけがの心配も少なく安心することができました。

Qオープンキャンパスの見どころは?

オープンキャンパスでは目標としている学科のことについて知ることができるのはもちろん、実際に授業で使うものを利用し簡単なものを作ることができるため、学科について学ぶだけでなく楽しむこともできると思います。また、義肢装具士は縦のつながりが大切といわれています。オープンキャンパスでは、本学科の先輩方や先生方とお話しさせていただくことができるので、積極的に質問をしてみると良いと思います。

  MON TUE WED THU FRI
1限     義肢学IV   義肢学特論
2限 装具学IV   卒業研究I 義肢学特論実習
3限 福祉ロボット      
4限        
5限        

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

義肢装具自立支援学科 メニュー

義肢装具自立支援学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る