スマートフォンサイトを見る

大学概要

新潟医療福祉大学 将来計画

English

I.大学拡充計画の推進II.入試情報の提供強化III.教育内容の充実IV.学生支援の強化V.教員の人材確保VI.研究機能の充実VII.同窓会・生涯学習の支援VIII.地域・産官学連携の推進IX.国際交流の推進X.組織マネジメント改革(SDを含む)

VI. 研究機能の充実

長期目標(2010-2020年度)

【基本目標】
保健・医療・福祉・スポーツ領域を核としたアジアで秀でる研究拠点を目指し、学生及び大学院生が先端の学問に触れることのできる研究環境の充実と強化を図る。

【目標項目】

  1. すべての教員が意欲的に研究に取り組み、その成果を国際的な場で発信する。
  2. 外部資金申請、採択の向上を目指し、研究環境の見直しを図る。
  3. 若手研究者の育成と共に、学部学生及び大学院生の論理的思考力及び問題解決力を養う。
中期目標(2014-2017年度)
  1. 国際研究体制の組織的・戦略的強化
  2. 研究環境の整備・充実
  3. 研究者育成
中期計画(2014-2017年度)

国際研究体制の組織的・戦略的強化

  1. アジアで秀でる研究拠点を目指すために立ち上げた研究戦略委員会で具体的な研究戦略を企画し、実施する。
  2. 海外への研究成果の発信を増やすための組織的な体制を検討する。
  3. 「運動機能医科学研究所」の活動を更に推進する。

研究環境の整備・充実

  1. 教育研究機器選考委員会で調査した機器について具体的に整備する。
  2. 科学研究費の申請率及び採択率をあげるための具体的方策を実施する。
  3. 大学院における教育及び研究実績に応じた研究環境の更なる改善について検討し、共同研究室(レンタルラボ)等、大学院教員及び院生の研究環境の整備を推進する。
  4. 大学院留学生の教育、研究環境を整備する。

研究者育成

  1. 本学卒業生の大学院入学を促進し、学生及び大学院生の論理的思考力・問題解決力を向上させることによって研究能力を高め、教員後継者の育成を図る。

このページの先頭へ戻る