在学生メッセージ

一覧へ戻る

片野 佑美

宮城県健康栄養学科4年片野 佑美Yumi Katano

新潟医療福祉大学の健康栄養学科に入学を決めた理由は、国家試験の高い合格率、就職率の高さも理由としてありますが、何より他学科との連携、学科の雰囲気が印象的で「この大学に入って、栄養の知識・技術・実践について学びたい」と思いました。そう思ったきっかけは、オープンキャンパスに参加したことでした。オープンキャンパスでは、その学科に関することを実際に体験したり、教室内も案内してくれたりとどのようなことを大学で学ぶのか、実際に見聞きできます。そしてさらに大学の雰囲気も感じ取ることが出来ます。私は、この大学のオープンキャンパスに参加したとき、「こんなにも親身になってくれる大学ってあるんだ」と感動しました。見学しに来た時たくさんの学生から笑顔で挨拶してくれたり、受験に対する相談にも真剣に答えてくれたりと、1つ1つのことに対して親身になってくれたからです。そして何よりも健康栄養学科は少人数であるため、お互いが切磋琢磨し合い、困ったときには助け合うという団結力が強い点が、魅力的な点であると私は感じました。素晴らしい教育内容と素晴らしい教育環境を感じ、この学科に入ろうと決めました。


Q管理栄養士を目指したきっかけを教えてください!

私は将来働くなら、「誰かの心の支えになれるような仕事がしたい」と考えていましたが、明確にはどのような職が良いのかは決まっていませんでした。そのような中で、生活習慣病を特集したTV番組を見たとき、食事によって患者様の健康をサポートしている様子を見て、「食の力ってこんなにも偉大なのか」と感動を受けました。もともと小さな頃から食べることが好きで、食に関しての興味も持っていた私は、これをきっかけに「食に携われるような職に就いて誰かの支えになりたい」と考えました。そこから管理栄養士ならば、学校、病院、介護施設、老人ホームなど幅広い場所で「誰かの生活を支える1つの助力となれるのでは」と考え、管理栄養士を目指そうと思いました。管理栄養士の最大の魅力は、何と言っても“食”によって人の健康、及び、生活の質(QOL)を支えるという所であると思います。私たちにとって食事は、生まれた時から切っても切り離せない関係にあります。食べることによって命を繋いでいくだけではなく、食べることで笑顔になり、心がほっとするのは食の大きな力です。そうした身体的・精神的サポートすることができる管理栄養士は、私にとって最大に魅力的な職業であると考え、目指そうと思いました。

Q新潟医療福祉大学に入学して良かったと思うことは何ですか?

この大学に入学して良かったと思うことは、教育環境が素晴らしいということだけではなく、授業が分かりやすいという点です。1年から専門科目を学ぶのですが、先生方の教え方がとても分かりやすく、分からないところがあれば理解するまで教えてくれるので、この大学に入って良かったと思いました。

Q健康栄養学科の「ここがスゴイ!」について教えてください!

この学科の魅力は、1つの目標に向かって皆で協力して取り組めることだと思います。レポート課題やテスト期間中など、皆で一緒にその科目について考えたり、分からないところを教え合ったりできるからです。印象に残っていることは入学して始めの頃に、皆でおかずを持ち寄って一緒に食べた「お弁当の日」です。この交流会では入学したての新しい仲間との交流を深めるだけではなく、さまざまな種類のおかずを持ち寄ることで、これから食を学ぶ者にとって、すごくモチベーションが高まったことを覚えています。

Q部活動・サークル活動について教えてください!

部活・サークル活動は、弓道部と学生Kidsに所属しています。弓道部では主に週2回活動していて、初心者の私でも親切にわかりやすく教えてくれました。おかげですぐに上達するとともに、他学科との人たちとの交流も深まりました。また学生Kidsでは週1回、お弁当の手伝いをしています。とても美味しいので、ぜひサロンに来て食べてみてください。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスは、大学を良く知るには最も良い機会であると思うので、色々な体験や相談コーナーを活用して、自分が本当に将来学びたいと思うことを考える1つの手段としてください。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。