在学生メッセージ

一覧へ戻る

大野 詩織

福島県言語聴覚学科4年大野 詩織Shiori Ono

リハビリテーション医療は、いろいろな医療専門職や、保健・福祉専門職、教育機関など幅広い分野が連携して、行われるものです。本学は、幅広い学部体制をとっており、連携総合ゼミなど、「連携」について学ぶことができます。また、各専門分野で活躍する先生たちから指導を受けることができます。リハビリテーション医療のチームの一員として活躍するために、本学で学ぶことが最適だと思い、この大学に入学しました。学業の面だけではなく、部活やサークル活動が充実しているのも魅力のひとつです。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

話す・聞く・食べる、誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などでできなくなってしまうことがあります。また、生まれつきの障害で困っている方もいます。そのような方たちのサポートができたらと思い、この学科を選びました。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

授業だけに限らず、生活面や勉学面に対しても教員の方たちが一丸となってサポートしてくれることです。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「充実」です。
充実した施設環境のなかで、各専門分野のプロフェッショナルの先生方からサポート受けることができ、たくさんの仲間たちと目標に向かって学ぶことができます。

Q将来の目標や夢を教えてください。

本学で学んだ知識や技術を生かして、チーム医療の一員として、そして「コミュニケーション」のプロフェッショナルとして、活躍できる言語聴覚士を目指したいと思っています。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

1つの学科だけではなく、いろいろな学科を回ってみるとよいと思います。先生方や在学生の方のお話しが、大きなヒントや進路選択のきっかけになることがあります。自分に合う学科が見つかるかもしれませんので、おススメです。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。