在学生メッセージ

一覧へ戻る

小野里 愛

福島県臨床技術学科4年小野里 愛Ai Onosato

本学のオープンキャンパスに参加して、実際に校舎や実習機器を見学し先輩たちと触れ合ったことで、自分自身の「未来の大学生像」を想像することができ、その後の受験勉強の励みになり、見事合格を勝ち取ることができました!就職が困難と言われている今の時代に、資格を取得することは必要不可欠だと思います。私も、これからの大学生活で同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨し、臨床技術者として医療現場での活躍を目指します!


Q新潟医療福祉大学の臨床技術学科に入学を決めた理由は何ですか?

臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンスが取得できるからです。2つの国家資格を取得することにより、工学と検査の2つの分野に貢献できる臨床技術者として、医療現場で活躍の幅が広がると思います。
また、立地環境や、質の高い知識を兼ね揃えた先生方の講義にも惹かれ、新潟医療福祉大学に進学を決めました。
入学後も履修登録の際は先輩方が優しく丁寧に指導してくださり、医療において大切なコミュニケーションのトレーニングにもなります。大学生活は全てにおいて充実しています。

Q将来の夢や目標を教えてください!

まずは、臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンスを取得し、幅広い業務をこなせる臨床技術者になりたいです!その後は、臨床工学技士と臨床検査技師のキャリアを積み、臨床技術者として患者さんに信頼される存在になりたいと思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスには参加するべきです!!
実際に大学や先輩、研究室を見学すると自分の未来の大学生像が浮かびやすくなります。受験勉強への取り組み方が変わるし、参加して損することはありません!

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。