在学生メッセージ

一覧へ戻る

伊藤 舞

長野県言語聴覚学科4年伊藤 舞Mai Ito

言語聴覚士は、日常生活において大切な「話すこと、聞くこと、食べること」に障害を持った方に、リハビリを通して自立や社会復帰のサポートを行う仕事です。私は、オープンキャンパスに参加して先輩や先生から直接話を聞く中で、「言語聴覚士になりたい!」という気持ちが強くなりました。今度は、私が皆さんを迎える側として“言語聴覚士”の魅力を伝えていきたいと思います。ぜひオープンキャンパスに参加してみてください!


Q新潟医療福祉大学の言語聴覚学科に入学を決めた理由は何ですか?

新潟医療福祉大学は、医療に関する学科が多くあり、「チーム医療」を学ぶ場として最適な環境が整っています。将来医療現場で働きたいと考えているので、この事は大きな力になると思い、本学への進学を決めました。また、全国トップレベルの就職実績があることも入学理由のひとつです。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「言語聴覚障害診断学」
言語聴覚障害にかかわる様々な障害の病態特性を理解した上で、その病態に関する必要な情報を収集します。そして、言語病理学的に評価、診断する基本的な事を学んでいます。

Q新潟医療福祉大学に入学して良かったと思うことは何ですか?

同じ学科だけではなく、他学科と一緒に受ける講義もあり、様々な人達と関わる場が多くあることです。また、先輩や先生方が、親身になって相談に乗ってくれることや、同じ学科の仲間と国家試験合格に向けて共に頑張ろうという姿勢で勉強に取り組む事からも、本学に入学してよかったと思います。

Q新潟医療福祉大学を一言で表すと?

「仲間」
学内に、勉強ができるスペースが多くあるので、仲間と話し合いながら勉強をすることができます。分からない所は、教えあったり、皆で悩み考えたりして、仲間の大切さを日々感じています。また、学祭等の様々な行事を、サークルや部活動の仲間と協力し会えることで、達成感を味わうこともできます。

Q部活動・サークル活動について教えてください!

手話部に所属しています。週に1回活動をしており、学祭等で発表や出店もしています。覚えることは大変ですが、先生がきてくださり丁寧に教えて下さり、ゲームや歌を通じで勉強したりもするので、とても楽しいです。

Qボランティア活動について教えてください。

2月に、韓国の海外研修に参加しました。はじめての海外でしたが、沢山の人達と交流し、文化を体験する事ができ、自分自身を見つめ直す良い機会となりました。また、韓国語Iで習った言葉を実際に使い、日常会話で韓国の方とお話しできた時は、とても嬉しかったです。

Q将来の夢や目標を教えてください!

将来の目標は、自分が育った場所の病院に就職し、沢山の方々の役に立てるよう言語聴覚士として働いていきたいと思っています。大学で学んだ専門知識や、大学生活で経験したこと等を活かして、患者に親身になって接することのできる言語聴覚士になりたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスは、学校の雰囲気を実際に味わうことができ、1年後、2年後の自分を想像できる場だと考えます。様々な体験や、先輩や先生と直接話しをすることができ、大学生活への夢がどんどん膨らむと思います。受験を乗り越えれば、こんな楽しい大学生活が待っていると想像すれば、勉強もはかどうと思うので、ぜひオープンキャンパスに参加してみてください。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。