在学生メッセージ

一覧へ戻る

室橋 里奈

新潟県作業療法学科4年室橋 里奈Rina Murohashi

新潟医療福祉大学を選んだ一番の決め手は、オープンキャンパスでの印象の良さでした。当時は、作業療法士について漠然としたイメージしかありませんでしたが、オープンキャンパスを通して作業療法士がとても素敵な職業であることを直感的に感じ取った自分がいました。そう感じたのも、優しく接してくださった先輩方や先生方の雰囲気の良さがあったからだと思います。「ここでなら理想の作業療法士像を見つけて実現できる!」と思い、入学を決めました。
今では、同期の仲間だけでなく先生方、先輩方に助けていただきながら充実した毎日を過ごしています。そして多くの方との出会い、つながりが私自身を大きく成長させてくれました。この大学で学べることは勉強だけではありません。さまざまなことに挑戦することで、本当に多くの経験ができます。新潟医療福祉大学は夢の実現を目指しながら、人としても成長できる場所です。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

作業療法士について母が教えてくれたことがきっかけでした。それから作業療法士について調べたり、実際に作業療法を行っている場面を見せていただいたりするうちに、どんどん興味を持つようになりました。作業療法士は、対象者にとって近い存在でいることができ、幅広い分野で活躍できることに魅力を感じ目指そうと思いました。

Q新潟医療福祉大学へ入学した理由を教えて下さい。

一番の決め手はオープンキャンパスの印象の良さでした。作業療法についてより知ることができただけでなく、先輩方や先生方の姿が印象的でした。学科の仲の良さや楽しそうな雰囲気を感じ、この大学で頑張ってみたいと思い入学を決めました。また、国家試験の合格率、就職率の良さも入学を決めた理由の一つです。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

作業療法学科は少人数の学科なこともあり、仲が良いです。仲が良いだけでなく、目標に向かって一緒に頑張れる仲間に出会えたことが本当に良かったなと思います。また、さまざまな領域のスペシャリストの先生方ばかりで、授業内容も充実しています。そして作業療法士としての知識、技術だけでなく、社会人になるために必要なことも身に付けることができ、人として成長できる環境だと思います。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「出会い」です。
今、充実した大学生活を送れているのも、この大学で多くの人との出会いがあったからだと思います。目標に向かって一緒に頑張れる仲間、サポートしてくださる先生方、先輩方、地域の方々など、この大学に通っていなければ出会えなかった方々ばかりです。新潟医療福祉大学は、私の人生に多くの出会いを与えてくれたので、この言葉を選びました。

Q将来の目標や夢を教えてください。

将来は、対象者の方に担当してもらって良かったと思っていただける作業療法士になりたいです。今は技術が進歩し機械化が進んでいますが、私たちは「人」を相手にする職業です。実習などを通して、「人」を相手にすることはマニュアル通りにはいきませんし、難しい部分も多いと感じました。ですが、それでも私は「人」と関わっていきたいという気持ちが強くなったし、人と人とのつながりは1番大事なことのように思います。就職をしたら、このつながりを大切にできる作業療法士であり続けたいなと思っています。そしてもっと多くの人に作業療法士という仕事を知っていただきたいです。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

県内出身なので、ずっと新潟で生活をしていますが、やはり食べ物がおいしいことが自慢です。他県出身の友達や先生方からの話を聞いていると、新潟の食に関しては本当に恵まれているんだなと思います。

Q新潟県や大学周辺のお気に入り遊びスポット、いきつけスポット、おしゃれスポット、買い物スポットを教えてください。

大学の近くに海があります。海のすぐ近くにキャンプ場もあり、バーベキューをした後にみんなで海に行くこともでき楽しいし盛り上がります。せっかく海の近くに大学があるので、1度は学校帰りに立ち寄ってみるのもありかなと思います。

Qアルバイトについて教えてください。

飲食店で接客やドリンク作りをしていました。週2~3回ほどですが、忘年会新年会など忙しいシーズンは臨時で入ることもよくありました。アルバイト代はコツコツ貯めて、自由に使える交際費として貯金していました。今は、その貯金をしたお金で友達と旅行に行ったり、遊んだりと充実しています。飲食店ということもあり、さまざまな年齢層の方がお客さんとしていらっしゃいました。初対面の方とのコミュニケーションが必要でしたが、回数をこなすうちに自然と話せるようになっていきました。仕事を覚えてからは、指示を出される前に今何をすべきか考えて行動する習慣がつき、先のことを見越して動くという意識が高まりました。社会に出ることで、大学では学べないことがたくさんあります。学生のうちに1度は、人と接するようなアルバイトをしておくと、将来にもつながるのではないかと思いました。また、お金を稼ぐことの大変さを痛感しました。

Q部活動・サークル活動について教えてください。

よさこい部舞桃会に所属していました。部活に入ったからこそ、他学科の友達、先輩、後輩ができつながりが広がりました。時には議論することもありましたが、一緒に練習を乗り越えてきた仲間の存在は大きいです。活動を通して、何かに必死に打ち込むことは素敵なことだなと感じました。勉強との両立も可能です。勉強がおろそかになるから部活・サークルはやめようという人もいますが、せっかくの大学生活なので是非部活・サークルに参加してほしいなと思います。部活は部活、勉強は勉強です。気持ちの切り替えと時間の使い方を上手にやり繰りすれば、大丈夫! 是非、部活・サークルに入っていろいろな経験をし、たくさんの仲間を作ってほしいなと思います。

Qボランティア活動について教えて下さい。

レクア.コム部に所属していることもあり、ボランティア活動には参加していました。活動内容としては、子供たちとの活動やグループホームでの活動、地域の活動などさまざまです。人と話すことが好きなので、活動を通じてたくさんの方とお話する機会を持ててすごく楽しみながら活動できました。また、幅広い年齢層の方と接することで、コミュニケーションの取り方を自然と学ぶことができました。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

学科ごとに特徴のあるプログラムが用意されており、見どころ満載だと思います。自分の志望する学科以外のプログラムにも参加してみると、新たな発見があり考えが膨らむと思いますので、是非いろいろなプログラムに参加してみてほしいなと思います。作業療法学科は、すごくアットホームな感じですごく和やかです! 楽しそうな雰囲気も学生、先生と接することで伝わるのではないかなと思いますので、是非足を運んでいただけると嬉しいです。学生スタッフとして毎年オープンキャンパスに参加していましたが、学生側もオープンキャンパスを楽しんでいました(笑) また、夏のオープンキャンパスでは部活・サークルの発表等もあるので、是非そちらにも足を運んでいただきたいです。大学生らしい一面が垣間見えるのではないかなと思います。

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

私は一般入試で受験しましたが、センター試験の対策をしておくと自然と一般入試の対策にもつながるのではないかと思います。大学からもらえる過去問を1度は解いておくといいかもしれません。一般入試は2月なのでとても寒いです。暖かい服装で来ることをおススメします。ホッカイロは必需品です!

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!」について具体的に教えてください!

作業療法学科は同学年だけでなく、先輩・後輩とのつながりもあります。特に先輩には勉強や実習について教えてもらったり、困ったときには助けていただいたりと、優しくて頼りになる先輩方がたくさんいることが作業療法学科の自慢です!!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。