スマートフォンサイトを見る

救急救命学科

教員紹介

鈴木 力写真

医療技術学部/救急救命学科

鈴木 力
Tsutomu Suzuki
救急救命学科長/教授

プロフィール

担当科目疾患の成り立ちと回復の過程Ⅰ,疾病・病態学総論,救急病態生理学,疾病救急医学Ⅲ,外傷救急医学Ⅰ,外傷救急医学Ⅱ
専門分野消化器・一般外科学
学位・称号/取得機関/取得年医学博士/新潟大学/1987年
資格医師
最終出身校新潟大学医学部医学科
過去の経歴新潟大学助教授医学部,新潟大学教授医学部,新潟大学教授医歯学系,新潟大学医歯学系保健学系列長,新潟大学大学院保健学研究科長を経て現職
所属団体・学会等日本外科学会,日本消化器外科学会,日本癌治療学会,日本胃癌学会,日本食道学会,日本臨床外科医学会
国際胃癌会議

業績等

研究領域上部消化管悪性腫瘍の外科治療
研究紹介食道,胃など上部消化管に発生した悪性腫瘍(がん)に対する外科治療に関する研究;外科局所解剖,手術手技,周術期(手術前・中・後)の患者の病態と患者管理,術後遠隔期における患者病態とその管理など
著書❍膵の内分泌細胞腫-特に非機能性腫瘍の概念・診断について-.笹野伸昭,黒田 慧 編.膵島細胞腫瘍.医学図書  
 出版,1983, p.53-63
❍副腎.鈴木時雄,吉野肇一 編. 外科学第2版.医学書院,1996, p.291-293
❍胃・十二指腸 2.悪性疾患.丹羽寛文,他 編.ベッドサイド消化器病学.南江堂,1996, p.926-950
❍Transhiatal en bloc dissection of mid- and low-mediastinum. Siewert JR and Roder JD eds. Progress
 in Gastric Cancer Research. Monduzzi Editore S.p.A., 1997, p.1255-1258
❍食道の正常解剖.松野正紀,畠山勝義,兼松隆之 編.消化器外科手術のための解剖学 食道,胃・十二指腸,腹壁・
 ヘルニア.メジカルビュー,1999, p.2-7
❍下部食道噴門切除再建術.松野正紀 編.専門医をめざすための経験すべき上部消化管手術 食道.メジカルビュー,
 2001, p.30-51
❍食道 外科解剖・画像診断.松田 暉 編.第104回 日本外科学会定期学術集会 Postgraduate Course.メジカル
 ビュー,2004, p.44-47
❍胸部食道癌根治術.畠山勝義,兼松隆之,佐々木 厳 編.改訂版 消化器外科手術のための解剖学 食道,胃・十二
 指腸,腹壁・ヘルニア.メジカルビュー,2006, p.23-31
他49編(邦文35編,欧文14編)
研究論文❍Ultrastructural alterations of nuclei of ehrlich ascites tumor cells after mitomycin c treatment. Acta
 Medica et Biolgica 35: 1-25, 1987
❍スキルス胃癌におけるリンパ節転移の実態.臨床外科 48: 1529-1535, 1993
❍Patterns of lymphatic spread in thoracic esophageal cancer. Cancer 74: 4-11, 1994
❍多発胃癌における問題点と治療法の選択.日本消化器外科学会雑誌 28: 2097-2101, 1995
❍横隔膜正中切開による中・下縦隔郭清.手術 50: 2037-2042, 1996
❍Evaluating the rational extent of dissection in radical esophagectomy for invasive carcinoam of the
 thoracic esophagus. Surgery Today 27: 3-8, 1997
❍Tumor recurrence in patients with early gastric cancer: a clinicopathologic evaluation. Journal of
 Expeimental and Clinical Cancer Research 17: 187-191, 1998
❍Transhiatal radical en bloc dissection of the low- and mid-mediastinum for cardioesophageal
 carcinomas. Acta Medica et Biologica 46: 153-159, 1998
❍Extended radical esophagectomy for superficially invasive carcinoma of the esophagus. Surgery
 125: 142-147, 1999
❍Significance of immuohistochemically demonstrated micrometastases to lymph nodes in esophageal
 cancer with histologically negative nodes. Surgery 127: 40-46, 2000
❍胃癌術後の乳び瘻・リンパ瘻.手術 55: 1137-1142, 2001
❍Significance of immunohistochemical nodal micrometastasis as a prognostic indicator in potentially
 curable oesophageal carcinoma. British Journal of Surgery 89: 213-219, 2002
❍横隔膜正中切開アプローチによる特発性食道破裂に対する手術.手術 57: 1509-1512, 2003
❍Recurrence pattern of squamous cell carcinoma of the thoracic esophagus after extended radical
 esophagectomy with three-field lymphadenectomy. Journal of American College of Surgeons 198:
 205-211, 2004
❍食道癌治療のプロトコール.臨床外科 60: 37-44, 2005
❍食道憩室の外科治療.外科 68: 1410-1417, 2006
❍Extranodal spreading of esophageal squamous cell carcinoma: clinicopathological characteristics and
 prognostic impact. World Journal of Surgery 31: 2192-2198, 2007
❍Successful treatment for a benign esophagorespiratory fistula with perioperative nutritional
 management and multistep esophageal bypass operation: a case report. Esophagus 5: 93-97, 2008
❍Gastric tube interposition for corrosive esophagitits associated with pyloric stenosis. Surgery Today
 39: 261-264, 2009
❍上部消化管穿孔に対する外科治療.手術 65: 965-969, 2011
❍術前外来化学療法を受ける乳がん患者のQOLに影響する要因の検討.新潟医学会雑誌 127: 525-537, 2013
❍Prognostic factors and causes of death in patients cured of esophageal cancer. Annals of Surgical
 Oncology 21: 1749-1755, 2014
他193編(邦文113編,欧文80編)
研究業績❍昭和60年度財団法人新潟大学学術奨励会(研究代表者)
❍昭和61年度文部省奨励研究(研究代表者)
❍平成2年度文部省科学研究費補助金:一般研究(C)(研究代表者)
❍平成5年度文部省科学研究費補助金:一般研究(C)(研究代表者)
❍平成6年度文部省科学研究費補助金:一般研究(C)(研究分担者)
❍平成8年度文部省科学研究費補助金:一般研究(C)(2)(研究代表者)
❍平成8年度文部省科学研究費補助金:基盤研究(C)(2)(研究分担者)
❍平成11年度文部省科学研究費補助金:基盤研究(C)(2)(研究分担者)

このページの先頭へ戻る