スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

教員紹介

川村 宏樹写真

医療技術学部/臨床技術学科

川村 宏樹
Hiroki Kawamura
准教授

プロフィール

担当科目臨床免疫学Ⅰ、臨床免疫学Ⅱ、臨床免疫学実習Ⅰ、臨床免疫学実習Ⅱ、基礎ゼミ
専門分野基礎免疫学、感染免疫学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/新潟大学/2000年
最終出身校新潟大学大学院医学研究科
所属団体・学会等日本免疫学会、日本生体防御学会、日本寄生虫学会、肝類洞研究会

業績等

研究領域炎症反応におけるマクロファージの活性化機構、成人T細胞白血病感染における免疫抑制機構
研究紹介ヒトの体はいつも病気にかからないように、「防御システム」が働いています。これを「免疫」といい、免疫力で病気の予防・治療に役立つように研究をしています。
研究論文1) Imai M, Higuchi M, Kawamura H, Yoshita M, Takahashi M, Oie M, Matsuki H, Tanaka Y, Aoyagi Y, Fujii M. Human T cell leukemia virus type 2 (HTLV-2) Tax2 has a dominant activity over HTLV-1 Tax1 to immortalize human CD4(+) T cells. Virus Genes. 2013;46:39-46.
2) Kawamura H, Kawamura T, Kanda Y, Kobayashi T, Abo T. Extracellular ATP-stimulated macrophages produce macrophage inflammatory protein-2 which is important for neutrophil migration. Immunology. 2012;136:448-58.
3) Kobayashi T, Kawamura H, Kanda Y, Matsumoto H, Saito S, Takeda K, Kawamura T, Abo T. Natural killer T cells suppress zymosan A-mediated granuloma formation in the liver by modulating interferon-γ and interleukin-10. Immunology. 2012;136:86-95.
4) Matsumoto H, Kawamura T, Kobayashi T, Kanda Y, Kawamura H, Abo T. Coincidence of autoantibody production with the activation of natural killer T cells in α-galactosylceramide-mediated hepatic injury. Immunology. 2011;133:21-8.
5) Kanda Y, Kawamura H, Matsumoto H, Kobayashi T, Kawamura T, Abo T. Identification and characterization of autoantibody-producing B220(low) B (B-1) cells appearing in malarial infection. Cell Immunol. 2010;263:49-54.
その他
著者名、編集者名、書名、版、出版社名、出版年(西暦)、最初頁-最終頁の順に記載

このページの先頭へ戻る