スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

教員紹介

森田 邦恵写真

医療技術学部/臨床技術学科

森田 邦恵
Kunie Morita
助手

プロフィール

専門分野分子生物学、生理学、生化学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/東北大学/2004年
資格臨床検査技師
過去の経歴東北大学研究員、熊本大学厚労科研研究員を経て現職
所属団体・学会等再生医療学会、日本臨床衛生検査技師会

業績等

研究領域再生医療、分子生物学、分子診断学
研究紹介ヒトiPS細胞(さまざまな組織・細胞に分化する能力を有する細胞;多能性分化細胞ともいう)より作製した肝臓の組織を、免疫不全マウス(免疫系がはたらかないため人の細胞が移植可能なマウス)に移植する研究。
研究論文1) Hagiwara K., Kuroki G., Yuan P.X., Suzuki T., Murakami M., Hano T., Sasano H. and Yanagisawa T. The effect of taurine on the salt-dependent blood pressure increase in the voltage-dependent calcium channel β3-subunit- deficient mouse. Cardiovasc. Pharmacol. 41, (suppl. 1) S127-131, 2003.
2) Hagiwara, K., Nakaga wasai, O., Murata, A., Yamadera, F., Miyo shi, I., Tan-no, K., Ta dano, T., Yanagisawa, T., Iijima, T. and Murakami, M. Analgesic action of loperamide, an opioid agonist, and its blocking action on voltage-dependent Ca2+ channels. Neurosci. Res. 46, 493-497, 2003.
3) Hagiwara, K., Nunoki, K., Ishii, K., Abe, T. and Yanagisawa, T. Differential inhibition of transient outward K+ currents of Kv1.4 and Kv4.3 by endothelin. Biochem. Biophys. Res. Com. 310, 2, 634-640, 2003.
4) Murakami, M., Mori, T., Nakagawasai, O., Hagiwara, K. et al., Inhibitory effect of pranidipine on N-type voltage-dependent Ca2+ channel in mice. Neurosci. Lett.,367, 118-112, 2004.
5) Hagiwara K, Obayashi T, Sakayori N, Yamanishi E, Hayashi R, Osumi N, et al., Molecular and cellular features of murine craniofacial and trunk neural crest cells as stem cell-like cells. PLOS ONE, 2014.
その他
研究業績科学研究費 挑戦的萌芽研究 平成26 年度-28年度
教育に関する活動新潟大学脳研究所 非常勤研究員

このページの先頭へ戻る