スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

教員紹介

峯島 道夫写真

社会福祉学部/社会福祉学科

峯島 道夫
Michio Mineshima
准教授

プロフィール

担当科目英語I・II、英語基礎(英検)、英語応用(英検、英文法)
専門分野TEFL/TESL(英語教育)
学位・称号/取得機関/取得年修士(文学)/英国バーミンガム大学大学院/2009年
資格中学校・高等学校教諭免許(英語)、通訳案内士(英語)
最終出身校英国バーミンガム大学大学院
所属団体・学会等中部英語教育学会、日本教科教育学会、全国リメディアル教育学会、全国英語教育学会、全国語学教育学会他

業績等

研究領域リーディング、クリティカルシンキング、LTD
研究紹介英語学習者にクリティカルシンキング(批判的思考)の力をつけさせるための教材、指導・学習法、評価方法の研究開発
著書峯島道夫・今井理恵(2016). 「第7章 ステーブ・ジョブズと頂上タスクで批判的思考力を伸ばす」三浦孝ほか(編著)『高校英語授業を知的にしたい』東京:研究社. 田口徹、松本茂、泉惠美子、酒井藤恵、高橋邦年、吉田達弘、峯島道夫ほか4名、One World English Course 1 (文科省検定教科書)Teacher's Manual解説編、教育出版 (2012) LL8-10, Reading 語法解説・音声解説;  Jeffrey Trambley、峯島道夫ほか7名、 New One World Communication II(検定教科書)Teacher's Manualワークシート・評価問題集編, 教育出版 (2014)、pp. 73-88.
研究論文Mineshima, M. (2015). How critical thinking is taught in high school English textbooks. In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), JALT2014 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. pp. 459-467.;峯島道夫(2011)「リーディング指導における読みの深化と批判的思考力伸長のための評価型発問の活用」『リメディアル教育研究第6巻第2号, pp. 25-40; G. Sholdt, B. Konomoto, M. Mineshima and C. Stillwell (2012) Sharing Expereiences with Quantitative Research, JALT 2011 Conference Proceedings, Hamamatsu, Japan, p. 616-624;峯島道夫・茅野潤一郎 (2012) 「日本・韓国・フィンランドの英語教科書の設問の比較分析調査―教科書はクリティカルシンキングをどう教えているか―」『中部地区英語教育学会紀要第42号』 pp. 91-98; 峯島道夫 (2013) 「協同学習を取り入れた大学での英語授業-LTD話し合い学習法による効果の検証-」『中部地区英語教育学会紀要43号』 pp. 281-286.
研究業績科研費採択H23~H26(基盤研究(C)「批判的思考力をピアとの相互交流で高めるための読解教材の開発と授業形態の構築」:課題番号23520715)研究代表者、科研費採択H26~H28(基盤研究(C)「批判的思考力を育てる教科書準拠の設問と評価基準づくり」:課題番号26370677)研究代表者、科研費採択H23~H26(基盤研究(C)「オーセンティックな英語に見られる特徴とリスニング能力との関連」:課題番号23520684:代表茅野潤一郎)研究分担者、科研費採択H22~24(基盤研究(C)「英語授業での表現活動が学習者同士の人間関係に及ぼす影響の研究」:課題番号22520642):代表大湊佳宏)研究分担者
教育に関する活動新潟県立大学非常勤講師、国際こども・福祉カレッジ非常勤講師、新教組自主教研外国語部会共同研究者、日本リメディアル教育学会(英語部会)査読委員
社会的活動国際交流ボランティア(燕市・三条市)、県災害多言語支援ボランティア、新潟県立燕中等教育学校評議委員、

このページの先頭へ戻る