スマートフォンサイトを見る

看護学科

教員紹介

山口 典子写真

健康科学部/看護学科

山口 典子
Noriko Yamaguchi
講師

プロフィール

担当科目「リプロダクティブヘルスケア」「リプロダクティブヘルスケア演習「性と生殖」「母性看護学実習」「助産学実習」
専門分野母性看護学・助産学
学位・称号/取得機関/取得年修士(看護学)/山形大学/1999年
資格助産師、保健師、看護師、受胎調節実地指導員、不妊カウンセラー
最終出身校山形大学大学院医学系研究科看護学専攻
所属団体・学会等日本看護科学学会、日本助産学会、日本母性衛生学会、日本母性看護学会、日本生殖看護学会他

業績等

研究領域ART(生殖補助医療)、男性不妊、ウィメンズヘルス・メンズヘルス、ピアエデュケーション、
研究紹介ART(生殖補助医療)に関する研究、男性不妊に関する研究、ウィメンズヘルス・メンズヘルスに関する研究、
著書「よくわかるヘルスコミュニケーション」ミネルヴァ書房、2016
受賞歴第8回(2016)日本母性看護学会学術論文賞
研究論文1)山口典子、塚本康子. 生殖補助医療(ART)実施施設における多胎学級の効果. 日本不妊カウンセリング学会誌. 2011;10(2):97-105.
2)Yamaguchi N,Tsukamoto Y,Shimoyama H,Nakayama K,Misawa S.Effects of peer education interventions aimed at changing awareness of cervical cancer in nursing students.Niigata Journal of Health and Welfare,2011;11(1):32-42.
研究業績平成25年度科学研究費(若手研究B)採択研究「男性因子不妊にて生殖補助医療を受ける夫の治療への意思決定過程」
教育に関する活動国際メディカル専門学校非常勤講師
社会的活動不妊カウンセリング、新潟市助産師会「ハローミッドワイフ」電話相談

このページの先頭へ戻る