スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

佐伯 史子写真

医療技術学部/理学療法学科

佐伯 史子
Fumiko Saeki
助教

プロフィール

担当科目解剖学実習I、解剖学実習II
専門分野形質人類学
学位・称号/取得機関/取得年博士(障害科学)/東北大学/2006年
資格学芸員、中学校教諭一種(社会)、高等学校教諭一種(地理歴史)
最終出身校東北大学大学院 医学系研究科
所属団体・学会等日本人類学会、日本解剖学会

業績等

研究領域断片化した古人骨の形態復元に基づく人類学研究、古病理学的分析による過去の人々の生活環境の解明
研究紹介形態人類学の様々な分析の土台を築くため、解剖学的知見に基づいた人骨の正確な形態復元に取り組んでいます。また、遺跡から出土した古人骨を資料として、関節炎、変形性脊椎症、外耳道骨腫、齲蝕などの様々な病変の出現状況を調査し、過去の人々の健康状態や生活水準の解明を試みています。
研究論文佐伯史子(2006)解剖学的方法による縄文人の身長推定と比下肢長の検討.Anthropological Science(Japanese Series),114: 17–33.
Komiya H., Sawada J., Saeki F. and Sato T. (2015) Morphological characteristics of buried dog remains excavated from the Kamikuroiwa Rock Shelter site, Ehime Prefecture, Japan. Anthropological Science, 123: 73–85.
佐伯 史子, 安達 登, 米田 穣, 鈴木 敏彦, 澤田 純明, 角田 恒雄, 増山 琴香, 尾嵜 大真, 大森 貴之, 萩原 康雄, 奈良 貴史 (2016) 大船渡市野々前貝塚縄文時代人骨の形態人類学的および理化学的分析." Anthropological Science (Japanese Series) 124.1 (2016): 1-17.

このページの先頭へ戻る