スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

佐藤 成登志写真

医療技術学部/理学療法学科

佐藤 成登志
Naritoshi Sato
教授

プロフィール

担当科目臨床実習Ⅲ、徒手理学療法学、加齢と身体
専門分野腰痛、徒手的治療(マイオチューニングアプローチ)
学位・称号/取得機関/取得年博士(工学)/新潟大学/2008年
資格専門理学療法士(教育・管理、運動器)
最終出身校新潟大学大学院自然科学研究科
過去の経歴県西部医療センター 理学療法士、新潟リハビリテーション専門学校 理学療法学科主任、新潟リハビリテーション病院 理学療法科 主任、新潟医療福祉大学 臨床助教授を経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士学会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本運動器疼痛学会、理学療法科学学会、新潟医療福祉学会

業績等

研究領域腰痛のメカニズムと理学療法、加齢に伴う脊柱アライメントと筋動態、徒手的治療(マイオチューニングアプローチ)による筋調整に関する研究
研究紹介加齢に伴う姿勢や筋肉などの機能変化を分析する。さらに腰痛との関連性を推測し、その具体的な治療や運動を考える。
著書6ステップ式理学療法士のための臨床動作分析マニュアル(文光堂、2005年第1版、2010年第2版)、理学療法事典(医学書院、2006)、評価から治療手技の選択(2006、文光堂)、障害別ケースで学ぶ理学療法臨床思考(2007、文光堂)、臨床理学療法マニュアル 改訂第2版(南江堂、2007)、続 障害別ケースで学ぶ理学療法臨床思考(2009、文光堂)、理学療法学自習ワークブック(診断と治療、2012)、エビデンスに基づいた徒手療法(訳監修)(ガイヤブック、2013)、実践ストレッチ痛みを緩和して損傷を予防する(訳監修)(ガイヤブック、2013)、概説理学療法第2版(2015、文光堂)
研究論文臨床で使える段階的動作分析の手順、理療Vol.37 No.2(2007)
逆動力学解析法を用いた片麻酔患者の上肢運動機能評価システム、バイオメカニズム学会記Vol.32 No.4(2008)
ポールへの荷重量を統一したノルディックウォーキングが運動強度、筋活動、呼吸機能に与える影響、Walking Research16(2012 )
MRIを用いた女性腰部疾患例における大腰筋特性、新潟医福13(2)(2014)
OSCEの準備学習期間における学生の主体的学習活動の検討、新潟医福14(2)(2015)
新潟医療福祉大学におけるアスリートへのアスレティックリハビリテーションサポート状況について、新潟医福14(2)(2015)
加齢に伴う体幹筋群の筋厚変化、理学療法新潟18(2015)
研究業績平成26-28年度:非特異的腰痛者の新規測定評価の提案-腰部多裂筋の筋血流状態ー(文部科学省・挑戦的萌芽研究、代表)
教育に関する活動理学療法士・作業療法士 養成施設等教員長期講習会 修了
社会的活動公益法人日本理学療法士協会 代議員、公益法人新潟県理学療法士会 会長、日本マイオチューニングアプローチ学会 理事、日本腰痛理学療法研究会 評議委員

このページの先頭へ戻る