教員紹介

西澤 正豊写真

学長

西澤 正豊
Masatoyo Nishizawa
学長/教授

プロフィール

専門分野臨床神経学・神経科学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/東京大学/1995年
資格医師/神経内科専門医・日本認知症学会専門医/日本神経学会・内科学会・認知症学会指導医
最終出身校東京大学医学部医学科昭和51年卒業
過去の経歴1990年自治医科大学神経内科助教授、1999年国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授、2003年新潟大学脳研究所臨床神経科学部門神経内科学分野教授、2010年新潟大学医歯学総合病院副病院長、2014年新潟大学脳研究所長、2016年新潟大学名誉教授、脳研究所フェロー、JA新潟厚生連新潟医療センター脳神経センター長を経て現職
所属団体・学会等日本神経学会名誉会員(専門医・指導医)、日本内科学会功労会員(認定内科医・指導医)、日本神経免疫学会名誉会員、日本認知症学会代議員(専門医・指導医)、日本神経治療学会功労会員、日本神経感染症学会功労会員、日本神経化学会功労会員、日本難病医療ネットワーク学会顧問、NPO法人新潟難病医療ネットワーク理事長(平成19年~);American Academy of Neurology (Active Corresponding Member)

業績等

研究領域神経学/遺伝性神経変性疾患の原因遺伝子・病態解析/免疫性神経疾患の病態解析/神経難病・認知症の地域包括ケア
研究紹介臨床脳神経内科医として、臨床で見いだされる神経変性疾患(特に小脳萎縮症)の原因遺伝子解析・病態解析、免疫性神経疾患(特に視神経脊髄炎)の病態解析などに従事してきました。最近は、神経難病や認知症の患者さんの多職種連携による地域包括ケアのあり方に、脳神経内科医の立場から取り組んでいます。
著書西澤正豊編著「すべてがわかる神経難病医療」 中山書店、2015;西澤正豊編著「小脳と運動失調 小脳はなにをしているのか」 中山書店、2013;西澤正豊、小泉美佐子、土屋紀子、柏木平八郎編著「標準看護学講座成人看護学20 神経系/ アレルギー疾患・膠原病」 金原出版、東京、1996;
ほか和文教科書分担執筆 83;英文著書分担執筆 6;和文著書分担執筆 73;
研究論文英文原著論文 255;和文原著論文 41;英文症例報告 26;和文症例報告 47;
研究業績研究代表者
「難病患者の地域支援体制に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2016~2017年度;「難病患者への支援体制に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2014~2015年度;「TDP43の自己調節機能に注目したALSの病態機序の解明」日本学術振興会基盤研究(A)・2013~2015年度;「希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2011~2013年度;「TDP43の生理機能に注目したALSの病態機序の解明」日本学術振興会基盤研究(A)・2010~2012年度;「運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2008~2010年度;「劣性遺伝性脊髄小脳変性症の分子病態の解明」日本学術振興会特定領域研究・2008~2009年度;「運動失調症に関する調査研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2005~2007年度;「劣性遺伝性脊髄小脳変性症の分子病態の解明」日本学術振興会特定領域研究・2006~2007年度;「劣性遺伝性脊髄小脳変性症の分子病態の解明」日本学術振興会特定領域研究・2005年度;「伸張したポリグルタミン鎖を持つ蛋白質の細胞内動態と凝集による細胞障害機序の解析」日本学術振興会基盤研究(B)・1998~1999年度;「Machado-Joseph病の病因遺伝子の解明」日本学術振興会一般研究(B)・1993~1994年度;「細胞融合法による小脳ブルキニエ細胞株の樹立と小脳変性症研究への応用」日本学術振興会一般研究(C)・1991~1992年度;「トリソミ-16キメラマウスを用いたアルツハイマ-病発症機構の解析」日本学術振興会一般研究(C)・1988~1989年度
主な研究分担者
「エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立」厚生労働省研究事業厚生科研費・2014~2016年度・代表者 松井真(金沢医科大学医学部);「運動失調症の医療基盤に関する調査研究班」厚生労働省研究事業厚生科研費・2014~2016年度・代表者 水澤英洋(国立精神・神経医療研究センター病院);「プリオン病のサーベイランスと感染予防に関する調査研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2014~2015年度・代表者 水澤英洋(国立精神・神経医療研究センター病院);「多系統萎縮症における認知機能障害の責任病巣:臨床病理学的検討」日本学術振興会基盤研究(C)・2013~2015年度・代表者 他田真理(新潟大学 脳研究所);「新評価方法を用いたフォールディング病の分子シャペロン療法の検討」日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業神経・筋疾患分野・2013~2015年度・代表者 小野寺理(新潟大学脳研究所);「運動失調症の医療基盤に関する調査研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2014~2016年度・代表者 水澤英洋(国立精神・神経医療研究センター病院);「免疫性神経疾患に関する調査研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2011~2013年度・代表者 楠進(近畿大学医学部神経内科);「運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2011~2013年度・代表者 佐々木秀直(北海道大学大学院医学研究科);「次世代シークエンサーを用いた孤発性の神経難病の発症機構の解明に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2011~2013年度・代表者 戸田達史(神戸大学大学院医学研究科);「遺伝性脳小血管病の病態機序の解明と治療法の開発」厚生労働省研究事業厚生科研費・2010~2011年度・代表者 小野寺理(新潟大学脳研究所);「重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2005~2010年度・代表者 糸山泰人(東北大学大学院医学系研究科神経内科);「難治性疾患の医療費構造に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2008~2010年度・代表者 荻野美恵子(北里大学医学部);「磁気共鳴分子マイクロイメージング開発」日本学術振興会基盤研究(S)・2009~2013年度・代表者 中田力(新潟大学脳研究所教授);「特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2005~2010年度・代表者 今井尚志(国立病院機構宮城病院神経内科);「特定疾患患者における生活の質(Quality of Life, QOL)の向上に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2005~2010年度・代表者 小森哲夫(埼玉医科大学神経内科);「遺伝性脳小血管病の病態機序の解明と治療法の開発」厚生労働省研究事業厚生科研費・2009年度・代表者 小野寺理(新潟大学脳研究所);「7テスラ磁気共鳴装置による高分解臨床画像の開発」日本学術振興会基盤研究(S)・2004~2008年度・代表者 中田力(新潟大学脳研究所教授);「運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・1999~2004年度・代表者 辻省次(東京大学医学部);「特定疾患の地域支援体制の構築に関する研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2002~2004年度・代表者 木村格(国立療養所山形病院);「東北北陸等での急性脳症多発事例にかかる研究」厚生労働省研究事業厚生科研費・2004年度・代表者 柳川洋(埼玉県立大学);「脳神経病理学研究教育拠点形成」文部科学省革新的・先導的教育研究プログラムの開発推進21世紀COEプログラム・生命科学・2003~2007年度・ 代表者 高橋均(新潟大学研究所);「遺伝性神経疾患の病的遺伝子の解明」日本学術振興会重点領域研究・1992~1996年度・代表者 金澤一郎(東京大学医学部教授)
教育に関する活動新潟大学脳研究所における医学生教育:1年次学生の臨床医学入門、4年次学生の臨床神経学講義、5・6年次学生の脳神経内科病棟実習指導(オリエンテーション・回診・まとめ);大学院生の研究指導(平成15~27年度);
国際医療福祉大学における臨床神経学の通年講義:OT学科、PT学科、ST学科;
自治医科大学における医学生教育:3年次学生の臨床神経学講義、5・6年次学生の神経内科病棟実習指導、ノーマライゼーションに関する通年ゼミ;
社会的活動厚生労働省厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会委員(平成28年~)、厚生労働省社会・援護局援護審査会委員(平成27年~)、日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業プログラム・オフィサー・課題評価委員会委員(平成28年~);同産学連携医療イノベーション創出プログラム評価委員(平成29年~);同研究企画課FORCE評価委員(平成31年~)、NPO法人新潟難病支援ネットワーク理事長(平成18年~)、新潟市難病対策地域協議会会長(平成28年~)、新潟県難病対策協議会委員(平成19年~;会長令和2年~);新潟市西区各自治会・コミュニティー協議会等において、認知症・認知症予防と地域包括ケアに関する講演多数;
学会主催:第20回日本神経免疫学会学術集会会長(平成20年4月)、第56回日本神経学会学術大会会長(平成27年5月);各種学会における特別講演、教育講演、市民公開講座における脳卒中、認知症、神経難病などに関する講演など;