管理栄養士(国家資格)

医学の知識をベースに人々の健康を支える「厚生労働大臣の免許」を受けた食と栄養のプロフェッショナル。

管理栄養士になるには、一般的に栄養士免許取得後、栄養士としての実務経験が最低1~3年以上必要となりますが、本学は管理栄養士養成施設のため、卒業と同時に管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。国家試験に合格すると厚生労働大臣の免許を受けて管理栄養士の資格が取得できます。管理栄養士は高度な専門知識と技能を持ち、医療機関等における傷病者および個人に応じた栄養管理・教育、特定給食施設での給食の運営・管理などを業とすることができます。その他、多くの活躍の場が期待されています。

仕事内容

管理栄養士イメージ

主に病院、福祉施設、行政機関、学校などに勤務し、傷病者の栄養管理や栄養指導(在宅者への栄養指導もあります)、給食の管理、国の健康づくり対策である内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防を目的とした特定保健指導(「食」、「運動」、「禁煙」に関する支援)、生徒・児童への食育、地域の食環境づくりなどを行います。さらに、研究機関・大学・企業などで、調査・実験・商品開発を行うなど、食と栄養に関わるあらゆるフィールドに携わります。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設
  • 小学校・中学校
  • 食品・製薬関連企業
  • 教育・研究機関
  • 行政機関

栄養指導、給食の管理、特定保健指導、食育、食環境づくりなど、活躍の場は多岐にわたっています。

管理栄養士は、栄養や食事を通して人々を健康で幸せにできる知識や技術を有し、さまざまな活動を通じ、社会に貢献する職業です。病院などの医療機関で「チーム医療」の一員として、また多くの職種が協働する福祉施設のスタッフとして、栄養の専門家である管理栄養士は、高度な知識と技術を求められています。全ての人々の健康の保持増進、疾病の予防や治療に関わることから、活躍の場は多岐にわたっており、そのニーズはますます高まっています。

OB・OGレポート

病院の管理栄養士として

今井 紀彰

私は現在、病院に勤務し、給食の提供と栄養管理を行っています。病院では、患者様に合った栄養管理が必要となるため、様々な種類の食事を提供します。そのため、日々考えることが多い仕事ですが、患者様の治療や回復に食を通じて携わることができるやりがいのある仕事です。

今井 紀彰

卒業年度:2013年3月卒業
出身高校:新潟県・長岡大手高校
勤務先:新潟県厚生連 柏崎総合医療センター
職種・職位:管理栄養士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

この資格取得を目指す! 健康栄養学科

2017年度
管理栄養士
国家試験合格率
95.1%
全国平均60.8%
2018年
3月卒業生
就職内定率
97.6%