作業療法士(国家資格)

身体や精神に障害のある人や障害が予測される人に、その人らしい生活が送れるよう支援するリハビリの専門家。

身体、または精神に障害のある者、またそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、訓練、指導および援助を行う。

仕事内容

作業療法士イメージ

身体・精神機能面での基本能力、食事やトイレなどの生活動作、地域参加や就労・就学の準備などの社会生活適応能力の維持や改善、また生活環境の調整などを行います。日常生活のさまざまな動作や仕事、遊びなど、人間に関わるすべての活動を「作業活動」と呼び、これを治療や援助、指導の手段としています。子どもからお年寄りまで、日常生活に障害を持つすべての人に関わります。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設
  • 心身障害児療育センター
  • 保健所・保健施設
  • 在宅サービス機関 など

超高齢社会を迎えた現代社会において、生活支援の中核的な存在である作業療法士のニーズはさらに高まっています。

超高齢社会の到来により、作業療法士の活躍の場は、病院などの医療機関はもちろん老人保健施設や在宅介護支援センター、訪問作業療法など、ますます拡大し、今後は地域の保健福祉活動の支援などでの活躍も期待されています。また作業療法士は、身体とこころの両面のケアを行い社会復帰のサポートを支援する専門職として、生活支援の中核的な存在として、そのニーズはさらに高まっています。

OB・OGレポート

「できる・できた」 経験を共有する

渡邉 貴博

私は現在、新潟大学医歯学総合病院に勤務しています。大学病院ということもあり、作業療法の対象となる疾患は多岐に渡ります。その中で、私は主に「急性期」と呼ばれる救急車やドクターヘリで搬送された直後の患者様に対して作業療法を行っています。入院直後は、身体・精神的に混乱されている患者様が多く、寄り添い、体を起こすことなどから始めていきます。その後、身体・精神の回復に合わせ、ご飯を食べる・顔を洗う・トイレで排泄をするなど、ふだん何気なく行っている、身の回りのことができるよう支援していきます。身の回りのことが「できる・できた」という経験は、病気・ケガに向き合う「力」になります。そのような経験を患者様と共有しながらリハビリを行っています。

渡邉 貴博

卒業年度:2010年3月卒業
出身高校:新潟県・高田北城高校
勤務先:新潟大学医歯学総合病院
職種・職位:作業療法士

自分らしい生活を取り戻すお手伝い

渡辺 慧子

作業療法士は子供から高齢者まですべての方と関わり、病院・学校・施設・地域など幅広い分野で人と関わる仕事をします。病気などで失った自分らしい生活をできるだけ取り戻すことや新しい自分との出会うことをリハビリを通してお手伝いしています。 主な業務としては、機能訓練や家の改修のサポート、精神疾患を抱えている方への人との関わり方のサポートを行っています。

渡辺 慧子

卒業年度:2013年3月卒業
出身高校:長野県・須坂東高校
勤務先:社会福祉法人 敬老園
職種・職位:作業療法士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

教員メッセージ

今西 写真

編み物への情熱を、リハビリに活かして。

作業療法学科/准教授 今西 里佳

脳出血で入院した女性患者のAさんは当時88歳。趣味は編み物でしたが、利き手に失調という後遺症の影響で、何をするにも手が揺れてしまい、うまく手が使えない状態でした。しかし、Aさんの編み物への想いは強く、訓練の中で編み物に取り組むことに。最初は編み目がすくえず、「右脇をしめて編み棒を動かしてみましょう」と助言。その後は根気強く一つ二つと編み目をすくい、とうとうマフラーを編むまでに。そんな時、Aさんが「私があの世に行ったら、これまでに編んだセーターを集めて個展を開いてほしい」と言いました。私は即座に「命あるうちに開きましょう」と言い、Aさんは驚きながら「病気になってから編んだセーターも足したい」と目を輝かせました。
「個展では車椅子ではなく、歩いてお客様を迎えたい」と、他の訓練にも意欲的だったAさん。一年後には伝い歩きもセーターの完成も果たし、ついには個展まで開催。彼女の前向きさに、私も大きな実りを得られた出来事でした。

この資格取得を目指す! 作業療法学科

2017年度
作業療法士
国家試験合格率
94.9%
全国平均76.2%
2018年
3月卒業生
就職内定率
100%