義肢装具自立支援学科ゼミ紹介

学生自らの「学び」の意欲を尊重し、それぞれ関心領域についてより専門的な理解を深め、卒業研究へとつなげていきます

勝平ゼミ 新しい装着型機器の開発に関する研究

勝平 純司准教授写真

勝平 純司
Junji Katsuhira
准教授

本ゼミでは、「誰かの助けになることをする」をモットーに研究を行っています。具体的には、モーションキャプチャーという計測機器を使って腰痛の発生メカニズムや健常者・障害者それぞれの歩行を分析して、福祉用具機器の開発に活かしています。そして、2017年には、実際に研究結果をもとに、身体に装着することで腰の負担を減らすことができる「トランクソリューション」という装着型機器を開発し、製品化することにも成功しました。また、ゼミ生は大腿義足使用者の歩行におけるトランクソリューション装着の効果を分析して学会発表を行い、高い評価を得ることができました。

前田 大樹

義肢装具自立支援学科4年
前田 大樹
新潟県
新潟南高校出身

私は、モーションキャプチャーを使用して姿勢や動作の分析を行っています。研究では、トランクソリューションを義足使用者が装着することで、より適切な歩行姿勢を習得することができるという結果を得ることができました。将来、新しい機器を開発して実用化に繋げられるような義肢装具士になりたいと考えています。

<ゼミの研究内容例>

  • 大腿義足使用者の歩行に関する研究
  • 良い姿勢を保持するためのクッションに関する研究
  • 装着型機器トランクソリューションに関する研究

前田ゼミ 義足の適合、3Dスキャナに関する研究

前田 雄講師写真

前田 雄
Yu Maeda
講師

切断者が使用する義足は、人と義足を接合するインターフェースとなる部分のソケットが適合していない場合、義足の安定性が低下し歩行が困難となります。さらに、利用者の傷の原因にもなります。この義足の不適合は、「総合作用」によって生じ、義足だけ、あるいは利用者だけを評価しても結果を得ることができません。そのため本ゼミでは、義足の適合評価を様々な側面から行うために3Dスキャナなどの最新の機器を使用して計測・分析を行っています。現状では、研究に必要な定量データが不足しているという課題がありますが、将来はこの研究成果を実際の臨床に反映できるよう研究を進めていきます。

樺澤 有紗写真

義肢装具自立支援学科4年
樺澤 有紗
群馬県
高崎商科大学附属高校出身

本ゼミは、義肢や装具だけでなく福祉用具や車いすなど幅広い分野の研究ができるのが魅力の一つです。私は、腰椎疾患に使用される体幹装具のずれについて研究を行いました。研究で得た知識や経験を活かし、患者様が装着していて心地良い体幹装具を提供し、アフターフォローを積極的に行える義肢装具士になりたいと考えています。

<ゼミの研究内容例>

  • 下腿義足ソケットの適合に関する研究
  • 3Dスキャナを用いた体幹形状獲得法に関する研究
  • 車椅子のクッションに関する研究

須田ゼミ 義肢装具の適合と評価に関する研究

須田 裕紀講師写真

須田 裕紀
Hiroki Suda
講師

本ゼミでは、歪計測や圧力計測、動作分析などを用いて、義肢装具や福祉用具におけるヒトとモノの適合・評価に関する研究をしています。他大学や企業と共同で研究を進め、他分野との連携と臨床的な研究を推進しています。ゼミ活動では、研究を通して探求することの楽しさを学び、物事の本質を考え、問題発見・解決する能力を身につけられるよう取り組んでいます。義肢装具士は対象者を包括的に捉え、義肢や装具、福祉用具の適合・評価することが求められます。そのため、「起きている現象の本質と根本を探究し、問題や課題に気づいて解決する能力」が必要であると考えています。

森 俊貴写真

義肢装具自立支援学科4年
森 俊貴
栃木県
黒羽高校出身

義手には能動義手と呼ばれるワイヤーを使って操作を行うものがあります。このワイヤーはコントロールケーブルと呼ばれ、義手を扱う際の力を伝える重要なパーツです。しかし、このパーツの研究はほとんどされていないのが現状です。そこで私は、このパーツの力の伝達効率を調べ、義手製作・適合に役立てる研究を行っています。

<ゼミの研究内容例>

  • 義足パーツの位置関係(アライメント)とソケット適合の評価に関する研究
  • 3Dスキャナ・プリンターを用いた義肢装具の開発と評価に関する研究
  • 能動義手のコントロールケーブルの操作効率に関する研究

笹本ゼミ 装具や靴の底の形状に関する研究

笹本嘉朝講師写真

笹本 嘉朝
Yoshitomo Sasamoto
准教授

歩行をスムーズに、効率的に

人間の「歩く」という行為は、歩き始めてからの学習で覚えた行為です。無意識に歩いているというイメージがありますが、歩行は脳から筋肉を動かそうとする命令によって成立しています。足首が動かしづらくなるような障害を受けた方々は、歩くことが難しくなります。このような場合には、足先が下がらないように足首を固定する装具や特殊な靴を使用しますが、スムーズな歩行が困難になってしまうことから、装具の底や靴底の形状を最適な形に変えることでスムーズな歩行が可能となります。本ゼミでは、様々な計測機器を使って、より効率的な歩行を研究しています。

江原ゼミ 人間の動作のコンピュータ解析に関する研究

江原義弘教授写真

江原 義弘
Yoshihiro Ehara
教授

「モーションキャプチャー装置」の介助や福祉機器への活用

加齢や身体障害により、ふだんは楽にできる動作が困難となり、介助や義肢装具・福祉用具、さらには介助のためのロボットなどが必要となることがあります。しかし、動作のメカニズムをよく知らないと楽な介助や効果的な福祉機器は開発できません。そのため本ゼミでは、人間の動きをコンピュータに取り込むことができる「モーションキャプチャー装置」を活用して、効果的な支援方法について分析・研究しています。またゼミでは、身体障がい者向けの住宅改造の専門家や介助法の講師と意見交換をし、研究で得られた成果は広く普及させるために在学中でも学会に発表をします。

高橋ゼミ 慣性センサを用いたスポーツ義足走行の支援システムに関する研究

髙橋 素彦助教写真

髙橋 素彦
Motohiko Takahashi
助教

「センシング技術」×「スポーツ義足走行」

皆さんはスマートフォンでゲームをしたことはありますか?左右に傾けると同時に画面の方向を変えることができます。またメールを読む時、横にすると表示も切り替わりますよね。これは内蔵されたセンサがその状態を検知しているんです。私たちの生活の中には、このような「センシング」と呼ばれる技術がたくさん使われています。本ゼミでは、この技術を用いてスポーツ義足使用者の走行状態を検知し、義足走行の動作を分析するシステム構築に関する研究を行っています。学生自身の興味や関心を第一に、センシング技術だけではなく幅広く義肢装具に関する研究に取り組んでいます。

東江ゼミ 義足ソケットに関する研究

東江由起夫教授写真

東江 由起夫
Yukio Agarie
教授

義足と生体を繋ぐ義足ソケットの適合とデザインに関する研究・開発に着手し、これらの技術が日本から世界に向けて発信できるよう研究に取り組んでいます。

真柄ゼミ 脳卒中・脊髄損傷のリハビリに関する研究

真柄彰教授写真

真柄 彰
Akira Magara
教授

医師として私が担当した脳卒中の患者様は3,000例近くもあるため、本ゼミでは、それらの症例を分析し患者様のより良い回復方法について研究しています。

阿部ゼミ 足と靴と歩行に関する科学的な研究

阿部薫教授写真

阿部 薫
Kaoru Abe
教授

動作の土台である足の特性を追求し、歩行を制御・補助する靴の開発研究や、スポーツ動作をサポートする専門的なシューズの研究を行っています。

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

義肢装具自立支援学科 メニュー

義肢装具自立支援学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 教員紹介
学科紹介動画
PCサイトを見る