理学療法学科在学生メッセージ

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

Student's Message #01

本田 優季写真

理学療法学科 1年
本田 優季
埼玉県
細田学園高等学校

多くの仲間とともに理学療法士を目指す!
本学では、チーム医療・ケアを学ぶことに力を入れているので、他学科との交流を通して知識の幅を広げることができます。また、理学療法学科は学生数も多いため、同じ目標を持った多くの仲間ができます。私は寮に住んでいるので、そこでも学科の枠を越えた仲間と一緒に勉強しています。同じ目標に向かって毎日を過ごすことで、お互いに支えあいながら常に向上心を持って取り組み、充実した大学生活が送ることができています。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私は12年間バレーボールを続けています。その中でストレッチやトレーニングの重要性を感じ、筋力強化や柔軟性、関節の動き等、身体の仕組みについて興味を持ったのがきっかけです。また、怪我をすることも多くありましたが、怪我の要因を考え治療とリハビリをすることで回復と予防はもちろんのこと、自身の体を見直すきっかけにも繋がり、理学療法士としてスポーツ分野に携わっていきたいと思うようになりました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:解剖学実習I
一年生の前期にある解剖学実習Iでは、実際に骨を見てスケッチをしたり、グループとなって筋肉の走行をテープを貼って確かめたりします。骨の構造を実際の目で確かめ手にとって理解していくことで筋肉の付着についてもイメージがしやすくなりました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

患者さんを自然と笑顔にできる理学療法士になりたいと思っています。治療やリハビリを通してだけでなく、心から元気になってもらえるように接することができる理学療法士になりたいです。また、スポーツ選手から子どもや高齢者まで幅広くリハビリに関わり、多くの知識を吸収していきたいです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:女子バレーボール部
女子バレーボール部は全日本インカレベスト8という目標をもち、日々練習に励んでいます。先輩方にアドバイスをもらいながら高いレベルの中で練習することによってプレーや技術等、様々なことが吸収できます。

  MON TUE WED THU FRI
1限 心理学概論 生物学I 解剖学I 英語Ⅰ
2限     情報処理I  
3限     基礎ゼミ   スポーツ・健康
4限       理学療法学概論  
5限   解剖学実習I      

Student's Message #02

舎川 真侑写真

理学療法学科 2年
舎川 真侑
富山県
富山東高等学校

最高の環境でスポーツリハビリを学ぶ
スポーツリハビリについて実践的に学ぶことができ、自分のしたい研究ができる環境があると思い本学への入学を決めました。本学はスポーツリハビリを専門とする先生方が他の大学と比較して多く、設備も整っているところが魅力です。また、実習はグループに分かれて少人数で行うことや学生の学習意欲が高いことから充実した学習ができています。卒業後は、アメリカに留学しATCというアスレテックトレーナーの資格を取得して、スポーツ選手のサポートに携わることを目標としています。怪我によって選手が夢を失わないように予防や治療を通して支えることができるようになりたいです。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私はバレーボールの練習中に膝の靭帯を断裂し、競技復帰を目指しリハビリを頑張って行いましたが、復帰後すぐに反対の靭帯も断裂する経験をしました。悔しさとともにこの怪我のメカニズム、予防方法が知りたいと思い、理学療法士を目指すことにしました。スポーツが好きなこと、医療に関わりたいと思っていたことから、理学療法士は私がやりたいことにぴったりの仕事だと思いました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:理学療法士基礎評価学Ⅱ
この授業では片麻痺機能検査や運動失調の検査、歩行分析、血圧測定などを学びます。患者様を評価する項目が増え、疾患について理解を深めることができます。理学療法士役と患者役に分かれ、臨床現場を想定して練習しています。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:海外研修
理学療法の知識や英語の向上はもちろん、外国の文化に触れ現地の人と接することで異文化を肌で感じることができました。また、海外研修への参加を通して勉強への意欲がより高まりました。少しでも興味があれば、ぜひ参加することをおすすめします!

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加する1番のメリットは、在学生と話ができることだと思います。勉強や大学生活の気になることを何でも聞いてください。体験プログラムも楽しいものを用意してますのでぜひ参加してください。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

受験勉強は苦しいと思いますが、目標があれば最後までやり抜くことができます。今、私は自分のやりたかった勉強ができていて幸せです。夢に向かって一緒に頑張りましょう。

  MON TUE WED THU FRI
1限          
2限       運動学 精神医学
3限 理学療法基礎
評価学II
      生理学実習Ⅱ
4限   内科学I 整形外科学I
5限 リハビリテーション医学     理学療法基礎ゼミ

Student's Message #03

小林 史弥写真

理学療法学科 3年
小林 史弥
新潟県
十日町高等学校

陸上を続けながら理学療法士を目指す!
私は、高校から続けてきた陸上競技を続けながら、夢である理学療法士を目指すために本学に入学しました。本学には陸上競技の強化指定クラブがあり、そこで高いレベルで競技を実践することができます。さらに、学生アスリートが身近にいることで、理学療法士としてのサポートを実践的に学ぶこともできます。将来は、理学療法士として陸上競技に携わりたいと考えています。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:内部障害理学療法学
この科目では、呼吸器疾患をはじめとする内部疾患の症状を学び、そういった疾患を持つ方への適切な理学療法を学びます。受講するまでは、内部疾患と理学療法との接点はあまりイメージできなかったため、理学療法分野の広さを体感できました。

Q授業・実習で使用した、特に印象に残っている施設・設備を教えてください。

施設・設備名:バイコン室
本学科には、バイコン室という三次元動作解析機と床反力計が設置されている実習室があり、実際に運動しているところを解析したり、重心の動きを視覚的に理解したりすることができます。床反力と重心の動きから、どんな動作が起きているのか考える授業があり、学生同士でディスカッションしながら考えるのが楽しかったです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:陸上競技部長距離ブロック
2018年度は、大学三大駅伝のうち出雲駅伝、全日本大学駅伝に出場することができました。実習やテストがある中で競技を続けるのは大変ですが、時間を上手く遣り繰りする力や、最後までやり抜く粘り強さが身につきました。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、テーピングやパラフィン浴など理学療法の一部に触れられるので、ぜひ肌で体感してみてください。その他にも、先輩に質問することで実際の大学生活について知ることができます。また、新しく学生寮もできたので、見学してみてください。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学科では、豊富な知識・技術を持った素晴らしい先生方から最新の理学療法を学べます。今のうちから大学でやりたいことを見つけておくと、充実した生活を送れると思います。また、部活動も盛んなのでぜひ見学に行ってみてください。仲間と競い合うのは学生ならではの経験になると思います。

     
  MON TUE WED THU FRI
1限 スポーツ医学 義肢装具学 研究法 スポーツ障害
理学療法学
徒手理学療法学
2限      
3限   地域理学療法学      
4限     地域理学療法学 小児科学
5限 理学療法ゼミI 運動制御理論  
6限     

Student's Message #04

鎌田 夏未写真

理学療法学科 4年
鎌田 夏未
秋田県
秋田中央高等学校

「神経・筋・骨組織Lab」で学ぶ魅力
私の所属するLabでは、生体内への運動療法の効果を科学的に解明するために実験動物を用いて研究を行っています。生体内をミクロのレベルで観察するために必要な顕微鏡や実験器具などの器材が多く揃っています。病気やケガ、運動で体の中がどうなるのか知りたい!まだ誰も発見していない効果を科学的に証明したい!という人にはとても魅力的な環境だと思います。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校時代、部活動で陸上競技をしており、人の走り方や跳び方などの動作にとても興味を持っていました。競技を続けていく中で自分やチームメイトがケガや不調で苦しむことが多々あり、思い通り体を動かすためにはどうすればいいのかを日々考えるようになりました。そういった経験がきっかけで、ケガの治療や動作改善の知識を学び、運動に関する治療の専門家になりたいと考え、理学療法士を目指しました。

Q本学科を選んだ理由や、入学してよかったことを教えてください。

理学療法士の活躍するフィールドは多岐に渡っており、膨大な知識や技術について日々勉強していかなくてはいけません。学科では、様々な分野の第一線で活躍されている30名以上の先生方が教鞭を取られており、研究活動にも熱心に取り組んでいらっしゃいます。臨床的な面だけではなく、研究活動についても多くの事を学ぶことができる環境はとても魅力だと思います。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:臨床実習Ⅲ(総合実習)
この科目では、10週間に渡って病院で実習を行います。実際に患者様を診ることで、学んだ知識が定着するとともに、技術の修得を目指します。さらに、臨床で活躍されている理学療法士の先生と接することでモチベーションがアップします。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学科では、多くの素晴らしい先生方や目標を語り合える仲間と出会うことができ、高い志をもって4年間を過ごすことができます。4年後、この大学に入学して良かったと思う日がきっと来ます。自分を信じて頑張って下さい!

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。