スマートフォンサイトを見る

地中熱利用について

新潟医療福祉大学では、地中熱を利用した冷暖房システムを導入しました。本事業は、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会による地域再生可能エネルギー熱導入促進対策事業の女性を受け、実施致しました。本事業は年間を通して15~17℃と安定した地下水熱をそのまま冷温水の熱源として使用し既設空調室外機の吸気環境を最適な条件に保ち、空調効率を最大限に高めることが期待されます。地中熱利用の再生可能エネルギーは二酸化炭素の排出削減の観点からも非常に有効であり、学生等に最先端の再生可能エネルギーを実感してもらい、環境保護の意識を高めることができるシステムです。本学は、今後もさまざまな形で省エネ事業に取り組んでまいります。

このページの先頭へ戻る