スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

特色

きめ細かいサポート
個々に合わせた学生支援
徹底した少人数教育で、一人ひとりのニーズに応じたサポートを実現。

本学では、充実した学生支援体制を整備し、入学から卒業まで学生一人ひとりをきめ細かくサポートします。学内には、学生生活の相談や学習指導、資格取得や就職活動の支援などをワンストップで提供する「学生サポートステーション」を設置し、学生は必要な時に必要なサポートを受けることができます。また、図書館棟内には理数系科目の個別指導などを行う学習支援センターを設置し、学生の「学びやすく」をサポートします。

少人数教育(4年間)

学年進行に応じた少人数教育で学生生活をサポート
1年次から、教員1名に対して7〜8名程度の少人数で行う“基礎ゼミ”や、高校時代の学習を復習する“リメディアル教育(補習教育)”を実施し、学生生活を安心してスタートできるようサポートしています。また学内実習では、より高い実践力が身につくよう学生を少人数のグループに分け実施するなど、個々に応じた指導を徹底しています。さらに3年次から行われる卒業研究ゼミでは、担当教員が卒業研究・国家試験等対策・就職活動を「三位一体」で指導する体制を構築し、きめ細やかなサポートを行っています。

基礎ゼミ(1年次前期)

少人数のゼミ活動でベーシックな能力を育む

基礎ゼミは、1年生の全学生を対象に行われる少人数制のゼミです。学生は7〜8名程度のグループに分かれ、各グループを教員1名が担当します。ゼミでは、健康で充実した大学生活を送るための基本的な能力を育むことを目的に、大学での学習方法や心構えなどを指導します。また、ディスカッションを数多く取り入れ、友人づくりやコミュニケーションの場としても活用されます。


アドバイザー制 ~担当教員による少人数指導体制~
本学では、アドバイザー制という担当教員の制度を導入しています。「大学での学習」「将来の目標」「友人や先生との人間関係」「一人暮らし」など、新入生が抱く様々な不安に対し1年間を通じて相談に応じ、充実した大学生活が送れるよう支えていきます。

リメディアル教育(補習教育)(1年次)

入学後の学習への不安を徹底サポート


新入生を対象に高校時の学習内容を中心とした科目のプレイスメントテストを行い、学生一人ひとりの苦手科目を把握し、個々の学習状況に応じたリメディアル教育を実施します。リメディアル教育では、Web動画を活用した学習指導や補習セミナーなどを開講し、基礎学力の向上をサポートします。
[全学共通]日本語表現法・英語 [学科指定]数学・物理学・化学・生物学


入学前サポート
入学予定者を対象に、大学での勉強へスムーズに移行できるよう、「スクーリング」「Web学習」「大学講義体験セミナー」「ドリルを使った自主学習および指導」「レポートの書き方講座」などを実施し、入学前に十分な準備ができるようサポートしています。


学習支援センター(4年間)

学習アドバイザーが常駐し、専門科目の履修に向けて必要となる理数系科目などの基礎科目の個別指導をはじめ、専門科目の補習セミナーや学習相談など、学習に対して様々な要望を持つ学生をサポートします。


1. 基礎科目の個別指導
専門科目の基礎となる「数学」「生物」「化学」「物理」「日本語表現」について、一人ひとりに合わせた個人指導で学習をサポートします。

2. 専門科目の補習セミナー
学生がつまずきやすい基礎・専門科目の理解に必要な基礎知識の解説や復習を行います。授業の進み具合に合わせて開催され、少人数の講義形式で行われます。

3. 学習に関する悩み相談
「専門科目についてもっと詳しく知りたい」「自分に合った勉強法を相談したい」「部活と勉強を両立したい」など学習全般の相談を個別で受けつけます。

4. 学生交流の場
学生同士や教職員との交流の場としてワークショップを開催しています。学習の合間のリフレッシュに加え、交流の輪を通して、コミュニケーション力を養います。


ラーニングコモンズ

学生が自由に利用できる自主学習空間です。可動式の机や椅子、ホワイトボード、モニターが設置され、少人数グループでのアクティブラーニングや50人規模のセミナーの開催まで様々な用途で使用することが可能です。


教職支援センター(4年間)

教職を目指す学生を総合的にサポートするために、学内に教職支援センターを設置しています。センターでは、履修相談や学習支援(模擬授業・場面指導など)、教員採用試験対策講座の実施など、学生一人ひとりに合わせたサポートを行います。小・中・高校の教室を再現した模擬授業スペースでは、学生の模擬授業の様子を撮影し、振り返り学習を行うことが可能です。また、担当教員による面接や場面指導のほか、模擬授業や学習相談などの個別相談も受けつけています。


このページの先頭へ戻る