新潟医療福祉大学×Instagram

新潟医療福祉大学全13学科の「日常」をのぞいてみよう!
進学雑誌に載っていない。パンフレットやHPの説明だけではわからない。新たな魅力を発見!

視機能科学科
@申込締切11月29日17時まで延長しました‼︎生理光学実習の体験授業!.この度,本学の視機能科学科では中学生・高校生を対象に,視能訓練士の検査や検査機器に深く関わる「光」の不思議な性質を学ぶ生理光学実習の体験授業を行います!申し込み締め切りは11月29日まで延長いたしますので,ぜひご参加ください!!.「生理光学実習」は視機能科学科の2年次に開講している授業で,光の性質を深く理解していきながら,光の屈折や結像など,光に関わる様々な原理を学んでいきます。また,講義だけでなく,「手作り望遠鏡」など光学機器の製作を行うことで,光への理解をより深めていく内容となっています。.私たちにとって「光」は非常に身近な存在です。今回の体験授業を通して,光の不思議な性質に触れ,視覚や光についての理解を深めていただくことで,視能訓練士という職業に興味を持っていただきたいと思います。オープンキャンパスでは体験ができない,生の授業を一緒に体験しましょう!.【概 要】■日時: 2019年11月30日 (土) 13:10~15:00■受講対象: 中学生・高校生およびその保護者の方 (定員25名)■授業内容: 視能訓練士が行う検査や検査機器に深く関わる「光の性質」について学びます。光の屈折や光の結像など,光に関わる様々な原理を学ぶことを目的に実習を行っていきます。さらに,簡易的な「手作り望遠鏡」の製作を通して,光への理解をより深めていきます。望遠鏡制作のための材料や工具はすべて大学にて準備いたします。■場所: 新潟医療福祉大学 第8研究・実習棟 (P棟) 2階実習室■住所: 新潟県新潟市北区島見町1398番地■駐車場: お車でお越しの場合は本学第3駐車場(無料)をご利用ください。■参加申込み: 11月29日 (月) 17時までに,電話・FAX・メールのいずれかでお申込みください。.【申込先】視機能科学科 宇田川 (うだがわ)TEL/FAX: 025-257-4752E-mail: udagawa@nuhw.ac.jp※ FAXまたはメールの場合は,①氏名(ふりがな)②電話番号 ③学校名 ④学年 を明記のうえお申し込みください。.#新潟医療福祉大学#視機能科学科#視能訓練士#nuhw#光学#体験授業#望遠鏡#大学講義#高校生#中学生#眼科#followme
視機能科学科
@多々良 俊哉助手らの研究論文が国際誌「Scientific Reports」に採択されました!.視機能科学科の多々良助手らが藤枝市の3歳1か月児健康診査において1,217名の屈折度と瞳孔径を測定し、日本人の3歳1か月児の屈折度は球面度数+0.70±0.55 D、円柱度数−0.67±0.49 D、瞳孔径は5.57±0.79 mmであることを明らかにしました。本研究成果は、2019年10月30日にNature Publishing Groupの電子ジャーナル「Scientific Reports」で公開されました。..本研究では健診で得られた1,000名以上の大規模データについて分析しました。近年、日本では眼科健診に屈折検査を導入する地域が徐々に増えており、本研究の成果はスクリーニングの基準値の確立に役立つことが期待されます。日本では小児の近視人口が増えつつあり、近視化と子どもの外遊びとの関係性が注目されています。今後はそれらの点についても、研究で取り組みたいと思います。..本研究成果のポイント:1. 本研究では3歳1か月児1,000名以上の大規模な視機能データについて分析をしました。2. 日本人の3歳1か月児は+0.70±0.55 Dの遠視があり、瞳孔径は5.57±0.79 mmであることが明らかになりました。3. 健診における屈折値のスクリーニング基準は確立しておらず、本研究の成果がカットオフ値の確立に役立つことが期待されます。..Tatara S, Maeda F, Mizuno N, Noguchi A, Yaoeda K, Abe H. Refraction and pupil diameter in 3-year- and 1-month-old children as measured by Spot Vision Screener: Scientific Reports 9 (1), 15622, 2019...#新潟医療福祉大学#視機能科学科#nuhw#ScientificReports#研究論文 #国際誌#NaturePublishingGroup#子ども#近視#3歳児健診#眼科健診#屈折検査#スクリーニング#SpotVisionScreener#スポットビジョンスクリーナ―#視能訓練士#Orthoptist#followme
視機能科学科
@村田憲章講師が「第30回日本緑内障学会」で優秀学術展示賞を受賞しました!視機能科学科の村田憲章講師が、2019年9月6日 (金) ~ 9月8日 (日) に熊本市で開催された第30回日本緑内障学会にて学会発表を行い、優秀学術展示賞を受賞しました!! 村田講師は静的視野検査 (Humphrey視野計) を用いて測定した多数の患者さんの視野のデータのうち、中心窩閾値 (視野の中心の感度) が統計学的に悪化する数値について発表しました。研究のポイント:静的視野検査 (Humphrey視野計) にて測定可能な中心窩閾値は、視力と相関関係にあるといわれる重要な数値です。中心窩閾値に関しては、Humphrey視野計内に測定間変動を捉えるような解析機能はありません。そこで、本研究では多数の症例を集めて中心窩閾値の変動をシミュレートし、中心窩閾値の統計学的に悪化と言える数値を割り出しました。この発表での研究成果は、眼疾患を抱える患者様の中心視野を死守するための、一つの指標になりうる知見です。発表情報:村田憲章,栂野哲哉,坂上悠太,飯川龍,五十嵐遼子,末武亜紀,福地健郎:静的視野検査における中心窩閾値の検査間変動.第30回日本緑内障学会 (熊本市),2019年9月6日~8日.#新潟医療福祉大学#視機能科学科#nuhw#日本緑内障学会#優秀学術展示賞#緑内障#Humphrey視野計#静的視野検査#中心窩閾値#視能訓練士#Orthoptist
視機能科学科
@[ご案内]生理光学実習の体験授業開催! この度,本学の視機能科学科では中学生・高校生を対象に,視能訓練士の検査や検査機器に深く関わる「光」の不思議な性質を学ぶ生理光学実習の体験授業を行います!申し込み締め切りは11月25日までですので,お早めに!! 「生理光学実習」は視機能科学科の2年次に開講している授業で,光の性質を深く理解していきながら,光の屈折や結像など,光に関わる様々な原理を学んでいきます。また,講義だけでなく,「手作り望遠鏡」など光学機器の製作を行うことで,光への理解をより深めていく内容となっています。私たちにとって「光」は非常に身近な存在です。今回の体験授業を通して,光の不思議な性質に触れ,視覚や光についての理解を深めていただくことで,視能訓練士という職業に興味を持っていただきたいと思います。オープンキャンパスでは体験ができない,生の授業を一緒に体験しましょう!.【概 要】■日時: 2019年11月30日 (土) 13:10~15:00■受講対象: 中学生・高校生およびその保護者の方 (定員25名)■授業内容: 視能訓練士が行う検査や検査機器に深く関わる「光の性質」について学びます。光の屈折や光の結像など,光に関わる様々な原理を学ぶことを目的に実習を行っていきます。さらに,簡易的な「手作り望遠鏡」の製作を通して,光への理解をより深めていきます。望遠鏡制作のための材料や工具はすべて大学にて準備いたします。■場所: 新潟医療福祉大学 第8研究・実習棟 (P棟) 2階実習室 (構内図は2枚目をご覧ください。)■住所: 新潟県新潟市北区島見町1398番地■駐車場: お車でお越しの場合は本学第3駐車場(無料)をご利用ください。■参加申込み: 11月25日 (月) までに,電話・FAX・メールのいずれかでお申込みください。.【申込先】視機能科学科 宇田川 (うだがわ)TEL/FAX: 025-257-4752E-mail: udagawa@nuhw.ac.jp※ FAXまたはメールの場合は,①氏名(ふりがな)②電話番号 ③学校名 ④学年 を明記のうえお申し込みください。.#新潟医療福祉大学#視機能科学科#視能訓練士#nuhw#光学#体験授業#望遠鏡#大学講義#高校生#中学生#眼科#followme