看護学科ゼミ紹介

学生自らの「学び」の意欲を尊重し、それぞれ関心領域についてより専門的な理解を深め、卒業研究へとつなげていきます

増田ゼミ 学校保健に関する研究

増田 明美教授写真

増田 明美
Akemi Masuda
教授

本ゼミでは、学校保健や青年期について研究を進めています。ゼミ生は、自分が知りたいこと、興味があることをテーマに、研究を進めていきます。研究では、行きつ戻りつもありますが、その無駄だと思えるプロセスが学生の思考を育むのではないかと考えています。知らないことを自分で調べ、自らの「分かった」に感動し、そこから得た知識はいつまでも残ります。その経験は、社会に出た時に、自分で検証していく力に繋がることでしょう。そしてその力は、新たな創造へと膨らんでいくことでしょう。学生の可能性は、想像する以上に伸びていきます。そんなことを期待してゼミ活動を行っています。

稲目 美穂写真

看護学科4年
稲目 美穂
長野県
大町高校出身

私は、学校におけるメンタルヘルスケアについて興味を持ち、養護教諭が保健室でどのように環境を整え、子どもたちに接するのかについて研究を行いました。研究を通して、心とからだは繋がっていること、またメンタルヘルスケアの重要さを再確認することができました。将来、研究で得た知識を看護現場でも活かしていきたいです。

<ゼミの研究内容例>

  • 養護教諭が工夫や意識している保健室の環境づくりと対応に関する研究
  • 養護教諭の救急処置における困難さに関する研究
  • 日本の養護教諭と諸外国のスクールナースの役割に関する研究

長谷川ゼミ 看護師の実践能力に関する研究

長谷川 隆雄教授写真

長谷川 隆雄
Takao Hasegawa
准教授

基礎看護学における研究は、看護学の基礎となる非常に広い領域を対象としています。具体的には、患者様と看護師の関係のあり方に関するもの、看護技術や看護師の実践能力に関するものなど様々です。本ゼミにおける学生の主な研究テーマは、自分自身の学外実習などでの体験や医療機関への就職活動を振り返り、疑問や不明点から研究課題を導き出します。その結果、研究的な物の見方や考え方について学ぶことができます。研究的姿勢は、すべての専門職に求められる要素の一つです。その力は、卒業して看護師として働く中でも必ず役立つと思っています。

長濱 佳奈写真

看護学科4年
長濱 佳奈
新潟県
新発田高校出身

私は、卒業を控えた看護学生が抱える就職への不安について研究し、「知識不足」や「看護技術の未熟さ」、「職場の人間関係」などについて不安を抱えていることが分かりました。研究を通して、不明点・疑問点を明らかにするという面白さを感じると同時に、今後も研究的な思考を持った看護師として成長していきたいと思っています。

<ゼミの研究内容例>

  • 看護学生の実習における不安に関する研究
  • 新人看護師の不安と離職に関する研究
  • 看護学生のコミュニケーションにおける課題に関する研究

和田ゼミ 労働者の健康に関する研究

和田 直子講師写真

和田 直子
Naoko Wada
講師

皆さんは就職したら、どんな職場環境で働きたいと考えていますか?自分なりの答えが研究のスタートになります。本ゼミでは、労働者の心身の健康をサポートする看護師である「産業看護職」について研究しています。ほとんどの人は、環境の整った場所で働きたいと思っているのではないでしょうか?しかし、実際には、心身ともに充実したワークライフを送れている人は少ないとも言われています。このギャップを埋めるために、さらには労働者の健康を守るために、「産業看護職」は何ができるのだろうか?その役割は何なのか?この答えを探すための研究が本ゼミの核になっています。

井上 夢写真

看護学科4年
井上 夢
新潟県
東京学館新潟高校出身

私は、労働者のメンタルヘルスに注目して「産業看護職」が行う保健指導の効果について研究を行いました。労働者は「産業看護職」を活用しながら健康を保つことがとても重要です。将来、看護師になった時、患者様の病気だけを診て看護するのではなく、家族やライフスタイル、職業などにも目を向けて看護したいと考えています。

<ゼミの研究内容例>

  • 産業看護職の健康相談の効果に関する研究
  • 大学生の生活習慣に関する研究
  • 大学生の不安に関する研究

小山ゼミ 地域看護学領域に関する研究

小山歌子教授写真

小山 歌子
Utako Koyama
教授

主体的に学び、研究の必要性を自覚する

公衆衛生看護学の対象は、地域で生活するあらゆる発達段階、様々な健康レベルの人々です。そのため、人々が主体的に健康を守り、QOLを向上できるようセルフケア能力の向上や健康的な環境づくりなどの支援を行います。本ゼミでは、これら公衆衛生看護の特徴を踏まえ、学生の問題意識を大切にして研究テーマを決めています。学生は、4年間で最も主体的に学ぶ機会となり、研究することで日ごろの疑問が解ける楽しさを体験すると共に、卒業後も看護専門職として研究を行う必要性を自覚する機会となっています。

稲垣ゼミ 在宅看護学領域に関する研究

稲垣千文助教写真

稲垣 千文
Chihumi Inagakia
講師

ゼミ生の探求心を引き出す

学生は、実習での体験を通して、対象者が「何を求めているのか」「どんな不安があるのか」という探求心を持ち、看護職として「対象者にどのような支援が必要か明らかにしたい」と考えることが多いようです。本ゼミでは、その考えを尊重し「本当にしたいこと」「明らかにしたいこと」が研究に繋がるように、テーマの絞り込みを行います。ゼミ生の「本当に知りたいこと」「明らかにしたいこと」の姿が現れてくる楽しさは格別です。看護は、対象者を良く知ることから始まります。研究も対象者を良く知るための一つの方法としてゼミ生が看護職としての力が高められるよう支援しています。

西川ゼミ 精神看護学領域に関する研究

西川薫准教授写真

西川 薫
Kaoru Nishikawa
准教授

共に成長できる場所

本ゼミは、学生自身が自分と真剣に向き合いゼミメンバーに支えられる心地良さを体験し、共に成長できる場でありたいと考えています。そのため、学生それぞれに興味・関心を持つテーマを発表し、主に“研究目的”や“貢献”という視点について検討・討論を行います。この過程において、時として苦しい場面に遭遇することもありますが、だからこそ、最も楽しく、達成感が得られる時間だと思います。ゼミ活動を通して看護という営みを多角的に捉え、他者と議論しながら一貫した考えを貫く体験をして欲しいと考えています。

石塚ゼミ 基礎看護学領域に関する研究

石塚 敏子講師写真

石塚 敏子
Toshiko Ishizuka
講師

学生が看護を学ぶにあたって、基礎となる知識・技術の効果的な学習方法や蓄積方法、またそれらを対象者への援助に活かす方法について研究を行っています。

中山ゼミ 母性看護学領域に関する研究

中山 和美教授写真

中山 和美
Kazumi Nakayama
教授

女性や母子の研究を志す学生が集まり、青年期の月経から周産期にある母親や父親、がん終末期の女性の看護まで多岐にわたり研究しています。

松井ゼミ 小児看護学領域に関する研究

松井由美子教授写真

松井 由美子
Yumiko Matsui
教授

子どもとその家族をテーマに研究を行っています。また、子どもの遊びを中心とした生活習慣病予防の研究も行っています。

宇田ゼミ 地域看護学領域に関する研究

宇田優子教授写真

宇田 優子
Yuuko Uda
教授

見て・聴いて・繋いで・動かし・作って・みせるゼミ

本ゼミは、公衆衛生看護活動理論を基盤に、ゼミ活動を行っています。「公衆衛生看護って何だろう?難しそう」と思わないで下さい。理論を簡単に説明すると地域住民の暮らし・健康を「見て・聴いて」、住民同士を「繋いで」、皆で健康になろう!と声をかけ合って「動かし」ていく活動です。ゼミでは、小さな離島の粟島や中山間地域の保健活動を学んだり、災害保健などの研究活動を行っています。

髙橋ゼミ 高齢者看護学領域に関する研究

髙橋 智美講師写真

髙橋 智美
Tomomi Takahashi
講師

Best Supportive Careの提供

認知症高齢者の暴力に関する研究を行っています。また、サクセスフル・エイジング(良い生活を送り天寿を全うする)の条件であるQOLも研究しています。

山口ゼミ 母性看護学・助産学領域に関する研究

山口典子講師写真

山口 典子
Noriko Yamaguchi
講師

女性と男性、新たな生命への 看護の探求

本ゼミでは、リプロダクティブヘルスの研究に取り組んでいます。リプロダクティブヘルスというと、多くの研究は“女性”に着眼しますが、本ゼミでは“男性”も対象としています。具体的には、より高度な不妊治療である生殖補助医療に関連した研究や、それに伴う新しい家族を迎えるための支援に関する研究など多岐にわたるテーマを取り扱っています。また、ゼミで学んだ研究内容を、在学中に学会発表するなど、向上心・探究心が豊かな学生が集まっていることもゼミの特徴です。

佐藤ゼミ 基礎看護学領域に関する研究

佐藤信枝教授写真

佐藤 信枝
Nobue Satou
教授

看護の原点を見つめ直す

本ゼミでは、「看護の原点」をもう一度見つめ直すことに主軸をおいています。そのためゼミには将来、看護職として独り立ちする前にあたらめて看護を考えてみたいという学生が参加しています。例えば、(1)看護にとって必要不可欠である対人関係能力とは、(2)看護の原動力とは、(3)実習で経験したことから看護の倫理を考える、(4)先人たちの看護理論を振り返ることで今の看護を考える、(5)ナイチンゲールから始まった看護の歴史から現代の看護を考える、など幅広いテーマから「看護の原点」を見つめ直しています。

下山ゼミ 母性看護学領域に関する研究

下山博子講師写真

下山 博子
Hiroko Shimoyama
講師

女性と家族を支える看護の実践

周産期における看護は、母親となる女性や赤ちゃんだけでなく、その家族をも対象にし、女性や家族を中心に捉えたケアの理念に基づいて行われています。本ゼミでは、母性看護を行う上で重要かつ不可欠な倫理をふまえて、少子化や生殖医療技術の発展が女性や家族にもたらす課題に着目しています。意思決定を支える看護や、周産期における死別を体験する女性や家族への看護について考え、周産期にかかわる看護をより深めることができるような研究に取り組んでいます。

塚本ゼミ 母性看護学領域に関する研究

塚本康子教授写真

塚本 康子
Yasuko Tsukamoto
教授

看護って

学ぶことは疑問が生じたときから始まります。難解な問題ほど、その答えがみつかったときの喜びは格別です。病院や地域で起こっている看護をめぐる現象は複雑で、疑問や問題も画一的には説明できません。さまざまな視点から読み解いていく姿勢を培いながら、看護ってなんだろうという疑問に、自分の言葉で考え、自分の言葉で答えをみつけていく、私たちのゼミでは疑問や問題を解いていく楽しさを体験していきたいと思っています。

手島ゼミ 成人看護領域に関する研究

手島美子准教授写真

手島 美子
Yoshiko Tejima
准教授

看護師のやりがいをテーマとして

本ゼミは、終末期にある患者・家族ケアとそのケアに携わる看護師に関心をもった学生が参加しています。ゼミでは特に多数の文献をグループ全員で共有するところを大切にしています。この作業は、学生が実習中に抱いた疑問や関心に対して、お互いが相手の意見を理解しあいながら「研究」として発展させることに繋がっています。研究ではエンゼルメイク(お亡くなりになった方へのメイク)のような看護技術や終末期にある人のケアに携わる看護師のやりがいなどをテーマに取り組んでいます。

杉本ゼミ 地域・在宅看護学に関する研究

杉本洋講師写真

杉本 洋
Hiroshi Sugimoto
講師

広い視野を持って看護を豊かに

本ゼミの専門分野である公衆衛生看護学は、個人と共に広く社会を看護する視点が重要になります。そのため、「人々の相互関係や環境などを踏まえた広い視野を持つこと」、「人々の弱さというよりは強さや力をみすえること」「支援を考えると共に人々の考えや実践そのものの理解を深めること」などを主に意識し、ゼミでの研究を進めていきます。本ゼミで多様なものの見方に触れ、これからの看護分野に貢献するため、深い知識と見識ある教養を身につけてもらいたいと思います。

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

看護学科 メニュー

看護学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 教員紹介
PCサイトを見る