文字サイズ

トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科・スポーツ庁障がい者スポーツ推進プロジェクト】本学にてパラリンピック選手による講習会を実施します!

新潟医療福祉大学(以下、本学)義肢装具自立支援学科は、ギソクの図書館(特定非営利活動法人)による「スポーツ庁障がい者スポーツ推進プロジェクト」のプロジェクトメンバーとして、障がい者スポーツの普及を目的としたスポーツ用義足のレンタルシステム構築を目指し、切断者の方のサポートを行うための環境整備を実施しています。現在は、その活動の一環として2021年11月から始まったイベント『Rοad to Blade for All−義足ユーザーの「走る」をサポートする@新潟』(主催:ギソクの図書館)にて、スポーツ用義足に関する講習会を実施しています。

そしてこの度、12月12日(日)13:00より、本学陸上競技場にてリオパラリンピック4×100メートルリレー銅メダリストの佐藤圭太選手、2013年全日本実業団4×400メートルリレーで入賞の経験がある大西正裕選手を講師としてお招きし、主に理学療法士や陸上指導者の方々を対象とした実技講習会を実施する運びとなりました。

現在、パラリンピックなどによって障がい者スポーツが注目され、義足アスリートの活躍がメディアで取り上げられるようになったものの、一般義足使用者がスポーツ用義足で運動をすることの敷居は依然として高い状況です。また全国的にも義足ランニングチームが数チーム活動しているものの、日常的にスポーツを楽しむような取り組みには至っていません。本講習会では、スポーツ用義足をアスリートのためのものだけでなく、一般義足使用者が手軽かつ日常的に使用できる環境を整えるため、サポーターである義肢装具士や理学療法士、陸上指導者に対し、義足で走るための指導方法をレクチャーします。

講習会の詳細については、下記概要をご覧ください。当日、取材をご希望の場合は、お手数をおかけいたしますが、本学までご一報ください。

【講習会概要】
◆日時
2021年12月12日(日)13時00分~15時00分
◆主催
ギソクの図書館(特定非営利活動法人、スポーツ庁障がい者スポーツ推進プロジェクト)
※新潟医療福祉大学 義肢装具自立支援学科もプロジェクトメンバーとして運営
◆会場
新潟医療福祉大学 陸上競技場 (雨天時:陸上競技場内 屋内走路)
◆講師
佐藤圭太選手(トヨタ自動車)・大西正裕選手(ACCEL TRACK CLUB)
◆内容
スポーツ用義足 走り方レクチャー(陸上指導者編)
◆対象
主に理学療法士や指導者の方、興味がある方どなたでも

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/

>>義肢装具自立支援学科のブログはこちら
http://nuhw.blog-niigata.net/at/
このページのトップへ