作業療法学科在学生メッセージ

作業療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

作業療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

Student's Message #01

福田 優大写真

作業療法学科1年
福田 優大
山形県
鶴岡中央高等学校

広い視野を持つ作業療法士を目指して
入学の決め手は、「連携教育」を学べることです。本学では、他学科とともに学ぶ「連携教育」を通して、“チーム医療・ケア”を実践的に学べます。そのため、他の専門職の視点を持って、患者様を支えていくことのできる作業療法士を目指せると思いました。それだけでなく、全国トップクラスの国家試験の合格率と就職率の高さを誇っていることも決め手の一つでした。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

中学生の頃、祖父が脳卒中で入院した際、祖父とともに笑顔で作業療法を行う作業療法士の姿を見て憧れを抱いた事がきっかけです。患者様のその人らしい生き方を親身になって考え、作業療法を通して患者様がより人生を楽しめるように支えることができる点に魅力を感じ、作業療法士を目指しました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:基礎作業学実習
この科目では、作業療法のルーツである革細工や陶芸などの作業活動を体験します。これら活動の体験を通じて、“作業”をどのように治療として用いるのかを理解することができました。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

施設見学や大学・学科説明を受けられることはもちろんですが、各入試の説明会や対策講座なども開催されるので、受験の際のイメージがしやすいと思います。本学の受験を考えている方はぜひ参加してみてください。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学は学生を後押ししてくれるサポート体制が整っており、夢の実現に向かって真っ直ぐ進んでいける大学だと思います。受験期間は大変だと思いますが、明るい大学生活を目指して頑張ってください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 心理学概論 生物学Ⅰ 解剖学Ⅰ 英語Ⅰ  
2限 放射線の基礎と
人体への影響
解剖学実習Ⅰ    
3限 作業療法学概論   基礎ゼミ    
4限          
5限   情報処理Ⅰ      

Student's Message #02

羽田 生咲写真

作業療法学科2年
羽田 生咲
新潟県
新発田高等学校

心とからだを元気にしたい
高校生の頃の私は、理学療法士と作業療法士のどちらを目指すか悩んでいました。そんな中、「作業療法は心とからだを元気にする」という言葉を目にし、「人を喜ばせたい」「怪我や病気が治っても心が不健康だと健康とは言えない」と思っていた私は心打たれました。その後、作業療法についてさらに調べ、作業療法士は患者さんそれぞれの日常生活を深く考え、寄り添う仕事だと知り、本学作業療法学科への進路を決めました。

Qおすすめの授業について教えてください。

科目名:精神障害作業療法評価学
この科目では、精神障害を持つ患者さんに対して、作業療法による介入を行う際に必要な様々な評価の知識や技術を体験を通して学習することができます。「描画法」の授業では、患者さんが描いた絵から様々な情報を読み取る技術を学ぶことができました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

「人を喜ばせたい」「日常の中にある幸せを感じてもらいたい」という想いが原点ですが、将来、学んだ知識と技術を活かして患者さんを心から笑顔にできる作業療法士になるのが私の夢です。今はまだ手の届かない夢ですが、一歩一歩近づきたいです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:園芸部
私は園芸部に所属しています。「新潟医療福祉大学附属インターナショナルこども園」の園児達との芋掘り体験は普段ふれあう機会の少ない子供たちとの活動だったため、とても楽しく、癒され、学びのあるものでした。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

自分は将来どうなっていたいか、たくさん悩んで自分の気持ちを確かなものにできると、大学に進学してからも粘り強く学習できると思います。気になる職業についてはたくさん調べて、自分が目指したいと思えるものに向かって頑張ってください。

  MON TUE WED THU FRI
1限          
2限     運動学 精神医学
3限         生理学実習Ⅱ
4限   身体障害
作業療法評価学
  整形外科学Ⅰ
5限 リハビリテーション
医学
小児科学 内科学Ⅰ  

Student's Message #03

西島 大智写真

作業療法学科3年
西島 大智
富山県
八尾高等学校

チーム医療を学べる環境がある
本学を選択した理由は、就職率、国家試験の合格率が高いことに加え、授業やサークル活動、ボランティア活動などを通して他学科と交流する機会が多くあり、チーム医療について学べると考えたからです。実際に入学して良かったと思うことは、実際の現場で使われている設備・機器が整っていることや、図書館、学習支援センターなどの学習面でのサポートが充実していることです。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

母親が看護師で日頃から病院での出来事を聞いていたため、医療職にはもともと関心がありました。本格的に進路を決めるために医療職について調べていく中で、作業療法士という職業を知り、対象者の方の趣味活動をリハビリに生かすことができたり、より近い距離で寄り添っていくことができる点に魅力を感じ、作業療法学科への進学を決めました。

Qおすすめの授業について教えてください。

科目名:高次脳機能障害作業療法学
この科目では、高次脳機能という言語でのコミュニケーションや感情のコントロールなど、人間特有の機能における障害について学ぶことができ、その障害をイメージしていく中で、”人間らしさとは何か”について理解を深めることができます。

Q将来の夢や目標について教えてください。

自分の考える治療を押し付けるのではなく、対象者の方の「どのようになりたいのか」という意見を優先し、治療を行うことができる作業療法士を目指したいです。そして何より、対象者の方から信頼され安心していただける関係を築くことのできる作業療法士になりたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

大学の雰囲気やそれぞれの学科に特色など、実際に参加してみないと分からないことがたくさんあります。さらに、自分が何に興味があり、何を学ぶびたいのかを知るきっかけになると思うので、ぜひ参加してみてください。

  MON TUE WED THU FRI
1限   身体障害
作業療法学演習Ⅰ
     
2限 地域作業療法学Ⅰ        
3限 地域作業療法学Ⅱ 身体障害
作業療法学演習Ⅱ
精神障害
作業療法学演習
高齢期障害
作業療法学演習
精神障害
作業療法学演習
4限      
5限 日常生活
活動学実習Ⅱ
      研究方法論演習

Student's Message #04

坂下 莉央写真

作業療法学科4年
坂下 莉央
新潟県
佐渡高等学校

ADL実習室での実践的な学び
本学科には、ADL(日常生活動作)実習室という移動キッチン、浴槽、トイレ、階段などを備えた実習室があり、自宅での生活を想定して実践的に学ぶことができます。患者様やそのご家族が安心してその人らしい生活を送るためには、作業療法士がどのような治療や支援を行えば良いのか、実習を通して学生同士で相談しながら学んでいます。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校時代に人の役に立つ仕事をしたいと思い医療職を目指しました。そこで様々な医療職について調べていく中で、趣味やレクリエーションなどをリハビリに活かし、患者様の日常生活を支えていく仕事である作業療法士を知りました。また、ただリハビリをするだけでなく、その人らしい生活が送れるようサポートしていくという部分に魅力を感じ作業療法士になりたいと思いました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ
この科目では、実際の患者様の症状の評価や治療を行います。4年間で学んだ知識や技術を活用して、一人ひとりに合わせた適切な支援を実践しました。患者様の笑顔や少しずつ回復していく姿を見て、作業療法の魅力を改めて実感できました。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

将来は患者様に寄り添える作業療法士になりたいです。病院での慣れない生活や、ケガや病気、今後に対する不安など様々な悩みや心配があると思います。そんな中でも患者様の身体面だけでなく精神面にも配慮し、患者様の希望に近づけるようサポートでっきるようになりたいです。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。